×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

【悲劇の】男色奸雄曹操part2 【お尻】ログ1-332

│1 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/11/26(日) 00:33:06

曹操「ふんっふんふんっ!!」
劉協「……?」
曹操「帝、どうです?素晴らしいでしょう!?」
劉協「曹操…朕は失望したぞ」
曹操「!?」


ありそでなかった三国時代の衆道について語るスレです。
さあ、新スレになってもネタを投下してくれる職人に期待しつつ竿を濡らして待っておれ!
縦読み、斜め読みを投下する奴の尻は八つ裂きじゃ!


《姉妹スレ》
【男の尻が】男色大名信玄 五穴目【揺れている】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1160257131/l50

《前スレ》
【お尻】男色義兄劉備【シューター】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1139780476/l50

《まとめサイト》
花見 ◆eztvdfav.w さんの素晴らしいまとめサイトです。
http://shooter.shiriagari.com/

│2 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 00:52:37

>>1
郭嘉「乙です。褒美に殿の尻を差し上げましょう」
曹操「は??? 何言ってんだ!?」
荀ケ「現在国庫も逼迫しておりますし、尻で済むものは尻で済ませてください」
曹操「お、おまえら君主をなんだと思ってるんだよ(⊃д`)゜。ワーン!」

│3 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 00:56:44

>>2
秀長キター

│4 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/11/26(日) 01:28:27

あっひい〜〜〜

│5 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 01:30:44

>>1乙!
献帝にまで失望される曹操カワイソスwwwwwwww

│6 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 02:02:53

乙であります!(`・ω・´)

orz <せめてもの礼にそれがしの尻(ry

│7 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 10:05:15

超乙!いろんな職人さんが集いますように。

│8 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 17:45:11

おのおの方、前スレで花見殿が作りし
このポーズ or2"
我等の宝として末永く使って行きましょうぞ。

│9 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 20:52:49

スレ立て乙!!新スレも盛り上がらん事を!

労りにそれがしの尻を。or2゛

まとめサイト更新しました。
「姜維の最期 第漆話」の訂正部分ですが一カ所で良かったでしょうか。
前スレログが長くて重いので後ほど半分に分割しておきます。

│10 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:30:13

溜め県令ホウ統

ホウ統、字は士元。
彼は劉備に仕官を求めたが顔が好みに合わないということで田舎の県令をやらされていた。
しかし、そこで彼は仕事をせずに遊びほうけていた。
張飛 「おい、ホウ統!貴様は仕事もせずに遊びほうけているとの報告があった。
    顔は俺の好みに合わないがどうやらこの蛇矛を喰らいたいようだな!」
ホウ統「やれやれ、ここ最近さぼっていたからな。そろそろ片付けるか。
    将軍、そんなにいきり勃つな。すぐに片付けるから」
そしてホウ統は外に民の訴えを聴きにいった。
民1「隣のやつが春画の代金を払いません」
民2「合体の約束を破られた!罰してくれ」
民3「亭主の男遊びがひどすぎる」
その他もろもろ多数の民が訴えに来ていた。
ホウ統「ふむ、こんなに溜まっていたのか。さて、一気に片付けるか」
舌なめずりをするとホウ統は全裸になって村人に襲い掛かった。
ホウ統「ふんふんっ!やっぱり溜めてからだとわしの太刀もちがう」
民1「い、痛いっ!う、動かないでぇー!」
ホウ統「嘘を言うな!こんなに股の竿を硬くしおって!!」
民2「掘られるなんていやぁぁっ早く抜いてぇー」
ホウ統「ふんふんっ!む、おぬしは亭主を連れてまいれ。真の男遊びを教えてやる」
民3「あ、あなた。ご指名よ!」
民3の夫「ぎゃあああっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
ホウ統「おぬし後ろは初めてか?真の男はこっちもたしなまんとな」
民3の夫「男はもういやアッー!」

続く

│11 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:31:12

村はホウ統のハーレムと化した。そのどさくさにまぎれて張飛も尻に飛びつこうとしていた。
ホウ統はそれを目ざとく見つけると張飛に飛びかかり
ホウ統「将軍もこれがお目当てだったんでしょう?」
張飛「い、痛いーーッ!抜いてぇぇっ」
ホウ統「将軍、これが自慢の蛇矛ですな」
張飛「さ、さすらないでぇぇっ!」
この後村はホウ統の世話になるぐらいならと、役所に訴える者はいなくなりよく治まった。

その後、このことは隠れていた孫乾によって劉備の耳に伝えられ、また孔明の推薦もあって
ホウ統は、その竿県令にとどまるものでなく王佐の竿であるとして劉備の軍師となった。
「臥龍」と「鳳雛」いずれかをさすれば天下を取れると言われた二人が共に劉備についたのであった。

孔明「ホウ統殿こういう道具はごにょごにょ・・・」
ホウ統「なんの孔明殿こういう体位がごにょごにょ・・・」
張飛「俺を実験台にしないでくれぇぇっ!アッー!」

終わり

│12 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:38:50

尻しか頭に無えのか劉備主従、つーか>>1乙。

│13 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:45:47

>>10-11
ホウ統の"ホウ"がウホに見えたw

│14 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:54:15

>王佐の竿
ミルクティー噴いたwwwwwwwwww

│15 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:55:06

抜ける武将の住人がなぜこのスレにいないのか・・・

│16 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 22:46:35

>民1「隣のやつが春画の代金を払いません」
>民2「合体の約束を破られた!罰してくれ」
>民3「亭主の男遊びがひどすぎる」
おいwなんだよ、この国民はwwwwww
国が腐ってるぞwwww

しかし張飛、つまみ食いなんかしようとするからw張飛が気の毒wwwww
孫乾は隠れてるなんて、さすが文官だな。

│17 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/27(月) 00:20:03

乙であります!! 張飛は相変わらず苦労だなぁwww
隠れてハラハラドキドキしていたぽい孫乾モエスwww

>劉備の耳に伝えられ
これは良く聞こえそうwww

│18 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/27(月) 01:21:19

>村はホウ統のハーレムと化した。
我慢してたのにここでカフェオレ噴いたw
ホウ統、県令のままでいたほうが幸せだったんじゃないか?www


│19 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/27(月) 13:26:12

>>18
でもその後村は平和になっちゃってるんだよねぇ・・・・
いや、良い事なんだけどさw

│20 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/28(火) 00:54:00

じゃあ孔明は20竿以上の罪は自分で裁いていたのかもな。

│21 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 07:04:27

新スレ立ったらペースダウンしましたな。

│22 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/29(水) 17:45:39

まったり逝こうぜ

│23 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 07:35:04

丸一日書き込みがないとはアッー!

│24 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 07:45:18

前スレでも過疎ってる時は何日も過疎ってたよ(平日とか)
マターリ行きませう〜

│25 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/01(金) 18:41:09

壇渓を飛ぶ

劉表の元に食客として養われていた劉備。
その劉備を疎み、殺そうと姦計をめぐらす蔡冒…
蔡冒は襄陽の会で劉備を呼び出し、その場で兵によりその尻と掘り散らそうと画策していたのであった。
だが親劉備派である伊籍により劉備は自己の危機を知り、愛馬である的櫨に跨り必死に逃げるのであった…

さて、唯一兵の回ってない西門から逃げた劉備であったが、その道は轟々と流れる激流により断たれていた。
劉備「これはいかん!ここをわたるのは無理か…」
そう言って踵を返そうとしたが、来た道からは「ウホッ!皇族の尻を掘ろうぜ!」と言う兵の声がもう聞こえてきていた。
劉備「むむむ…引き返すことも無理か…」
そう言うとしばし瞑目する劉備。
クワッ!と目を開くと大声でこう言った。
劉備「的櫨、的櫨!そなたは真の凶馬か否か!凶馬で無いというなら、ここを渡り我を助けよ!!」
的櫨「ヒヒ〜ン(いや、凶馬って訳じゃないけど、この流れをわたるのは無理だろ、常識的に考えて…
   馬でも分かっちゃうよ?)」
劉備「行くぞ的櫨!」
的櫨「ヒヒーン!(いや、だから無理だって!聞いてねえのかよ!あ、馬の言葉分からんか…とにかく無理!)」
いくら劉備が手綱を操作しようとも、的櫨は全く動こうとしなかった。
劉備「的櫨!そなたはわしを殺そうと言うのか!?」
的櫨「ブルルッ!(お前は俺を殺そうと言うの?あんなとこ飛び込んだら俺死んじゃうよ!
   ってか兵に殺されるのはお前だけだから、俺はここに居れば安泰だし。)」
劉備「ええい、この馬鹿馬め!拉致があかん!喝を入れてくれる!!」

もう落ちまで予想が付いてるだろうけど続く

│26 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 18:42:12

続き

そう怒鳴ると劉備は素早く腰を後ろにずらし、的櫨の尻にしがみつく体勢になった。
的櫨「ブルル?(ん?なーにやってんの?そんな変な乗り方して何にな…)」
劉備「飛べ、的櫨!」
そう言うが早いか、劉備は竿を的櫨の尻に突き立てた!
的櫨「ブヒヒヒヒーーーン!?(ギャァァァァァァァッ!?)」
劉備「フンッ!フンフンッ!」
的櫨「ヒヒーーーン!(痛いッ、痛いッー!う、動かないでぇぇぇぇ!!)」
劉備「さあ気合も入ったろ!行くのだ、的櫨!」
的櫨「ヒーーーン!(わ、分かった、行くから、行くから動かないでぇぇぇぇ!)」
こうして尻に人を貼り付けた馬は、激流の中に飛び込んだのであった。

劉備「ゴボボボッ!な、流されておるではないか、的櫨よ頑張れ、ほれ、喝じゃ!
   フンフンフンフンッ!」
的櫨「ヒンヒン!(渡るから、渡るからぬいてぇぇぇぇッ!)」
劉備「何が抜いてじゃ!そうは言っても竿は正直ではないか!」
的櫨「ヒンッ!?(ええええ!?俺の言葉分かってたの!?分かってたのか!?ってか竿をさすらないでぇッ!)」

さてこんな劉備の喝がきいたのか、類稀な力を的櫨が持っていたためか分からないが、二人は対岸に上がっていた。
劉備「ああ、我生きたり!」
そう言って劉備は天を仰いでいた。
的櫨「ブヒヒヒ!(あんた生きてるから、さっさと竿を抜いてくれぇぇぇぇッ!)」
こうして尻に人を貼り付けた奇妙な馬はいずこかへ走っていったと言う…

                                                 〜完〜

│27 名前: slieepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 19:09:52

そして水鏡先生には「琴の音が急に殺伐としたものになった。大方馬でも掘った鬼畜野郎が来たのだろう」
とかなんとかヒデェこと言われちゃうわけかwwww


>蔡冒は襄陽の会で劉備を呼び出し、その場で兵によりその尻と掘り散らそうと画策していたのであった。

ここだけ読むと強姦目的で鍋パーティ開いてた某大生と大差ナサスwwwwwwwwwwwwwwwww

│28 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 21:37:44

壇渓を飛ばせるために喝を入れるのかと思ったら
さらに続きがあってワロタww

│29 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/01(金) 22:11:28

>25-26
動物のお医者さんで馬の内診の為に腕を突っ込んでたことを思い出したよ。
腕を突っ込んでも大丈夫なはずなのに…

皇族の竿は化け物か!?

│30 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 01:47:10

的盧キノドクスwwww馬アッー!は新しいwwww

│31 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 07:57:05

ついに獣姦ktkr

│32 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 13:09:54

ホウ統はこれを真似して掘ったから、敵陣のまっただ中につれてかれたんだろうなw

│33 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 17:39:19

>>31
しかし実は前スレにも曹仁vs馬の話が・・・・w

│34 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 17:55:58

>>33
そういえば、赤兎×張遼とか
青龍エン月刀×関羽×赤兎とかあったなw

│35 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 19:48:30

竿の舞

幕営の外、二人の男がなにやら秘密の会話をしていた。
ホウ統「魏延、玄徳さまは劉璋の尻を掘る決心ができていないようだがこの乱性の時代、
    そんなことではいつか掘られる。わしの合図で劉璋に襲い掛かれ」
魏延「ウホッ!せっしゃが一番尻でよいのですな!」
ホウ統「くやしいがしかたあるまい」

幕営の中では劉備と劉璋が談笑していた。
劉璋「劉備殿、蜀にきていただき本当にありがとうございます」
劉備「わしがいれば張魯の(本当は劉璋の)尻など掘り放題でありますな」
劉備はどうやら欲望を必死に抑えているようだった。
とそこへ一人の将軍が二人の前に進み出てきた。
魏延「陣中にあって何のおもてなしもできませんがせめて私のつたない竿舞でもお見せしようかと」
と言い出すといきなり裸になって自分の股槍をそそり立て舞い始めた。
それを見て蜀将たちはいきり立った。
劉カイ「おい、劉備のやろう、隙をみてわが君を掘ろうって魂胆じゃねえのか?」
張任「わしが防ごう」
張任は劉璋を守るように魏延の前に立ちはだかると
張任「竿舞に相手役が必要と思います。私がその役を務めましょう」
と言うなり張任は魏延の股槍を尻で受けとめた。
魏延「ウホッ!自分から来るとは!ふんふんふんっ?なにっ!動けん」
張任「蜀の桟道で鍛えられたわが尻がそう簡単に破られるか!」
これでは逝けないとホウ統は劉封に合図を送った。
劉封「拙者も舞わしていただきたいと思います」
冷苞「ならばわしが相手をしよう」
だが劉封も冷苞に竿を絡め取られ、動けなくなってしまった。



│36 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 19:49:06

ホウ統は次から次と武将を舞わせるがみな竿を蜀将に受けとめられ身動きが取れなくなってしまった。
目の前にはなんともふしだらな光景が広がった。
劉備「(やべっ!興奮してきた)」
劉備は我慢できず、魏延を押しのけると張任に覆いかぶさった。
張任「これは好機、その竿へし折ってくれるわ」
劉備「ふんふんっ!この締まり、蜀の民はちがうのぉ」
張任「ぎゃぁアッー!モノが違いすぎる!裂けるぅぅ!」
劉備「嘘を申すな!こんなに股の竿を硬くしおって!!」
劉備の痴態に劉璋は気持ち悪くなった。そして魏延は落ちこんでいた。
劉璋「わしは気分が優れぬ。そろそろ帰らせてもらう」
本性がばれたショックで劉備の頭は冷静になった。
劉備「きさまら!やりすぎだ!もう下がれ」
諸将は息を荒くしながらも散っていった。張任と魏延を除いて。
張任「いつか掘り取ってやる!」
魏延「・・・」

劉備「ホウ統、劉璋に嫌われちゃったじゃないか。余計なことしやがって」
ホウ統「わが君のためを思えばこそです」
劉備「うるさい。こうしてくれるわ!」
だがホウ統は劉備をかわし、逆に後ろを取った。
ホウ統「わが計を受け入れぬのなら、せめてわが竿を受け入れい。ふんふんっ!」
劉備「い、痛いっ!抜いてぇぇーっ!」
ホウ統「わが君、お戯れを!お股の竿が硬くおなりに!」
劉備「さ、さすらないでぇぇ!」

これが楚漢の鴻門の会と共に後世に語り継がれる後漢の肛門の会である。

終わり

│37 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 20:32:39

劉備よりホウ統が一枚上手だ

│38 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 22:35:18

蜀の将は受け専門かよw
>ホウ統「わが計を受け入れぬのなら、せめてわが竿を受け入れい。ふんふんっ!」
理不尽すぎるwwww
>ホウ統「わが君、お戯れを!お股の竿が硬くおなりに!」
いつ何時でも礼は忘れないのねw

乙!笑わせてもらいましたwww

│39 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/02(土) 22:51:59

肛門の会…盲点だったwww

│40 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 01:32:18

うわ、クソつまんねえ
ほとんど似たようなネタばかりじゃねえか
っつーかいい加減にしろよ

│41 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 02:18:05

尻か竿かの男色ネタスレで何を言ってる。

│42 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 02:30:43

職人さんGJ! いつも笑いすぎで腹筋がよじれるw

>>41




│43 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage>>41志村ー縦読み縦読み!] 投稿日: 2006/12/03(日) 02:32:00

>>40
ほほぅ、お前ここ初めてじゃないな
もっと力抜けよ

│44 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 02:54:50

うわ、気づかなかった。
こうなったら>>40にこの尻を差し出すしかあるまい…or2

│45 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 11:04:55

>>44かわいいよ>>44

│46 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 15:10:36

蜀の忠臣

劉璋は漢中の張魯に対抗しようと劉備を蜀に迎え入れようとしていた。
そして劉備が承諾し向かってきてると聞いた劉璋は会いに行こうとしていた。
劉璋「わしは劉備殿に挨拶に行ってこようと思う」
張松「おお、それはよいことです」
黄権「なりません!わが君」
黄権が進み出て言った。
黄権「劉備はその性欲に限りがなく、また馬すらも戦慄させるほどの竿の持ち主です。
   そのような人間を蜀に入れればわが君の尻はたちまちのうちに劉備に掘られるでしょう」
張松「だまれ、だまれ!劉備殿はそれはとてもすばらしいお方だ。」
トロンとした目で張松は言った。(注 張松は荊州ですでに劉備らに調教されていた)
劉璋「張松のいうとおりじゃ。同族の劉備殿がそのようなことなどするわけがない」
劉璋は黄権の言うことなど聞かず、出て行こうとしていた。
黄権「わが君、こうなれば力づくでも」
劉璋「なにをする黄権。ってアッー!しゃぶらないでぇぇ」
なんと黄権は劉璋の竿をしゃぶり始めた。
黄権「モゴわが君、モゴ行くのをやめるまで、モゴ止めませんぞ」
劉璋「ヒィーッ男の口でなんてイキたくなぁーい」
黄権「モゴわが君、竿は正直ですぞモゴ」
劉璋は達する直前に何とか振りほどくと張松とともに急いで出て行った。
その場には振りほどかれたときに顔面をぶつけた黄権が
顔から血と我慢汁を滴らせながら倒れていた。


│47 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 15:11:19

劉璋は黄権から逃れたい一身で城外に出ようと城門に向かった。
だがそこには頭を下にして吊られている男がいた。
いや吊られているのではなく、なんと上から縄でぶら下げたこけしを尻に刺してぶら下がっていたのだ。
劉璋「おわぁっ!王累なにやってんの?」
王累「わが君、劉備に会いに行ってはいけません。
   もし会いに行くというのならこの王累、尻の力を抜いて頭から落ちて死にます」
劉璋「わしの部下たちは変態ばかりじゃ」
劉璋はあきれ、落ち込んでいた。
張松「だまれ、王累!貴様は見られて感じたいだけであろう。早くそこをどけ」
王累「そこを突っ込まれるとちょっと図星かな」
張松「わが君。先を急ぎましょう」
劉璋「う、うむ」
劉璋たちは王累を放置して城外に出て行ってしまった。
王累「み、見られないと、わ、わしは興奮できないんじゃぁアッー!
   惜しいかな、この快感、いや蜀…」
王累は尻からこけしが抜けて頭から落ちた。

その後劉備が蜀を取ると黄権は自宅にこもり、出仕しようとはしなかった。
しかし、黄権の口のうわさを聞いた劉備は黄権宅を訪ねた。
劉備「しゃぶれよ」
黄権「しゃぶれだァ?コノヤロウ、てめぇがしゃぶれよ!」
劉備は黄権の竿を逆にしゃぶらされてしまった。
その行為に感激した黄権は劉備に仕えた。

終わり


│48 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 15:49:38

ひしひしとクソスレの雰囲気が醸し出されてきたな
はやくもっと面白い文章書けよ
たぶんこのスレにいる奴にそんなことは出来ないだろうが
なれあいはつまんねえんだよ
いよいよこのスレも終わりが近づいてきたな

│49 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 16:30:25

関羽「職人殿を侮辱するのは貴様か!」
>48「いつものように縦読みですって(泣)」
関羽「ええぃ、問答無用!行け赤兎よ!!!」
赤兎「ヒヒーン!!!」
>48「ひいっ、スゴいのが入ってキター!…ッッッ!!!! し、尻が裂けるーッ!!!!」
赤兎「ブルッヒーン(嘘をつけ、おまえの竿はもうこんなに堅くなっているではないか!)」
>48「さ、さすらないでーッ!っていうかどうやってさすってるのー?!」
赤兎「ヒン!(いやらしい、本当にいやらしい男じゃ!!!)」
>48「た、玉袋を叩かないでーッ!!!」
赤兎「ふんっ!ふんふんっ!!(ふんっ!ふんふんっ!!)」
関羽「赤兎よ、お前ばかりずるいぞ!わしも混ぜい!!!」
赤兎「ブヒャ!!!?(い、痛いーッ!!!尻が裂ける!!!)」
>48「ちょ、こっちにも振動が、振動が伝わってくるーッ!!」
関羽「ふんっ!ふんふんっ!!」
赤兎「ヒン、ヒヒーン!(で、出るーッ!アッー!)」
>48「だからこっちにも振動が…アッー!」
関羽「アッー!」

…呉兵に囲まれたハン城に漢たちの歓喜の叫びが上がった

│50 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 19:52:40

声に出して笑っちまったw
黄権も凄いが、王累が変態すぎるwwwww
見られてないと尻のしまりを維持できなかったのかもなw

>劉璋「わしの部下たちは変態ばかりじゃ」
違う、大陸中が変態ばかりだからw

超乙!!!

│51 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 21:21:55

孫策の最期

孫策は、人々に神仙と崇められている于吉を捕らえて処刑しようとした。
しかし皆が反対するので、日照り続きだったこともあり、雨乞いをして雨を降らせば許してやると言った。
于吉は祭壇の上で祈り続け、ついに雨を降らせた。
だが孫策は、納得できずに領民が慕っている于吉を掘り殺してしまった。
それから孫策はおかしくなった。


「うぬぅっ!?于吉めっ!ふんっ!ふんふんっ!」
夜中、孫策が大声を上げながら暴れまわる。
異変を感じた者達が孫策の部屋に行くと、なぜか孫策は全裸で中空に向かって腰を振っていた。
「領民を邪な道に誘いおって…フンフンッ!」
「殿…!?何をしておられるのですか!?」
鬼のような形相で、全裸でカクカクと腰を動かしている主君に、兵たちは動揺を隠せない。
「なんとっ!于吉め…ここにもおったか!」
駆けつけてきた兵たちの方をみて、怒りの色を表す孫策。
「殿!お、落ち着いてくだされっ!」
「問答無用っ!!于吉め、これでも食らえ!」
「き、消えた!?」
一糸纏わぬ孫策は信じられないほど身軽だった。
両の足で地を蹴り、跳躍するとあっという間に目の前に立つ兵の後ろに回った。
「ふんっ…!于吉め、于吉めっ!」
「ぎゃあああっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
怒張した孫策の竿が、主君の身を案じて来た忠臣の尻に突き刺さる。
「痛いっ!痛いーっ!!うっ動かないで…っ!!」
孫策の疲れを知らぬ抽送は慣れた人間ではないと耐えられるものではない。
「くぅ…!?もう、で、出るぞ、アッー!」
「あぁあぁぁ!!熱いものが!?」

│52 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 21:22:32

「ふう、于吉め、やっと消えよったか…ん?」
孫策が目を上げると、騒ぎに駆けつけてきた他の兵たちがガクガクと体を震わせながら怯えている。
しかし錯乱した孫作には、全てが同じ人間…于吉に見えてしまった。
「おのれ于吉…!なめたことをしてくれる!」
出したばかりだというのに、孫策の股間はチャージ完了。
またも目にも見えないスピードで大勢の兵たちの背後に回ると一瞬にして甲冑を剥ぎ取る。
「な、なんだと!?」
一人の兵が驚きの声を上げる。
何が起こったのかわからなかった。
いつの間にか自分は全裸になっているし、周りにいた男たちは全員が苦痛、あるいは恍惚の表情を浮かべて失神していたからだ。
「これで最後だ…ふん!」
「ぎゃああああああっっ!!」

こうした日々が何日も続き、孫策は徐々に衰弱していった。
ついに床に伏してしまった孫権は重臣たちに最後の言葉を伝えていき、弟の孫権に後事を託してついに逝去した。



│53 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 21:23:41

うわ…やっちまったorz
最後の一文、病に伏してしまったのは孫権じゃなくて孫策だアッー!
しゃぶりますから許して

│54 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/03(日) 21:25:18

ちょw
死因は出しすぎによる疲労っぽいなw
ある種腹上死w

│55 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/04(月) 00:43:35

>いつの間にか自分は全裸になっているし、周りにいた男たちは全員が苦痛、
>あるいは恍惚の表情を浮かべて失神していたからだ。
さすが小覇王!!目にも止まらぬ早わざ
お(か)しい人を亡くした。

│56 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/04(月) 08:45:12

>「問答無用っ!!于吉め、これでも食らえ!」
>「き、消えた!?」


なんかデジャヴが……w

│57 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/04(月) 09:19:55

最後に残った兵の立場で考えるとある意味ホラーだな

│58 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/04(月) 11:57:43

孫策の死因は尻上死だったのか!!ww

│59 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/04(月) 20:13:59

(´-`)゜゜゜このスレの住人でオフ会してみたいなあ

│60 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 00:51:27

>>59
ちょw
なんとも香ばしい阿鼻叫喚が見えたんだがww

│61 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 01:55:18

オフ会いいっすね。
まとめサイトさんとかにとりまとめて貰うとかどうっすか。

│62 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 01:59:21

せせせせ拙者は遠慮つかまつる!!w

│63 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/05(火) 08:15:29

オフ会=ハッテン→ウホッ!
「ふんっ!(ry




にならない事を祈るw

│64 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 08:56:45

>>62
嘘を言え!そんなに股の竿を硬くしおって!

│65 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 10:58:16

おいおい…
前スレも見てたがオフだと?
初代から見てる俺だがそれはねえだろ
めちゃくちゃキモイぞそれは
ていうか、このスレに書き込みしてる奴らはガチホモだったのか…
かなりきめえ…
こいつらマジでありえん
これ以上気持ち悪いこと書き込むなよ。
はっきりと言わせてもらう。
力作とはいえないクソみたいな文章を垂れ流し、
抜かりのないような書き込みをしていたとしてもこのスレはクソスレ。
けどここにいる奴らはそれに気づかねえ…
よく考え直せよ

│66 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/05(火) 12:57:28

相変わらず汚い縦読みだなあ

│67 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 14:04:26

阿備さまのおな〜り〜

│68 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 20:38:49

オフ会の注意事項。
・橋を見て「あそこで仁王立ちしたいな。お前、夏侯ケツな」と言われたら要注意。ポテトフライのような竿でやられます。
・「ディープインパクトが負けたのは、武豊が鞭なんかを使ったせいだ、竿を使ってれば…」などと言い出したら要注意。やられます。
・小さな子供が迷子になっていて、それを見て「なんて可哀想な子、俺の尻に保護したい…」などと言い出したら要注意。
 子供を尻に突っ込もうとして、非営利誘拐事件で捕まります。
・「祈祷するから、この祭壇もってくれ」と言われたら要注意。尻に無理やりねじ込まれます。
・いくら訴えても馬耳東風になったら注意。溜め込んだ竿でやられます。
・その際についでにつまみ食いをしようとなんかしたら要注意。目ざとく発見され、いろんな実験台にされます。
・星を見てる時に「やった、奴は死んだぞ!」と言い出したら要注意。なぜかやられます。
・怪しい新興宗教の教主を殺した後は要注意。やられます。
・「アヒルの羽を渡してくれよ!それでお互いを判断しようぜ!」などといってきたら要注意。アヒルの羽を認識しても問答無用でやってきます。
・「俺、新しい輸送機発明したぜ!」と言ってきたら要注意。そいつがその機械で前後から責められる様を鑑賞させられます。
・「袁術様最高〜!!!!!」と言い出したら要注意。とにかく酷い目にあいます。

適当に作った。反省はしてない。

│69 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 21:53:21

ポテトフライナツカシスwwwwwwwwwwGJwwwww

│70 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 22:22:45

|-`).。oO(本当にオフ会すると仰るならまとめてもいいですが、東京しか無理ですぞ)

│71 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/05(火) 23:11:36

オフ会もいいが新作も期待している!

│72 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 01:40:32

姜維の最期 最終話 志の果てに。 3


魏兵「ええい、一精射撃(いっせいしゃげき)の体制に入れ!遠巻きに射れば姜維とて恐るるに足らず!!」
姜維「たわけめ、お主らの精射(せいしゃ)なぞ児技に等しいわ!!」

そう言うが早いか、姜維は己が竿に媚薬を塗りたくり、その竿は天を衝くほどに怒張した。

姜維「丞相より受け継いだ最後の奥義、斯様な貧弱な精根で耐えられるかッ!!」
----「ふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんっ!!!!!」

説明しよう。これこそが諸葛亮の残した連弩法の究極奥義、元戎竿である。
姜維が高速で竿をしごくと、なんと一擦りごとに一筋の股矢が放たれ、
あっという間に宮城の地面は白濁の汁で満たされ、魏軍は死屍累々の様を呈していた。

瞬く間に数十人の屈強な魏兵が白濁の汁に沈んだのを目の当たりにした魏将は顔色を失い、
性欲逞しきさしもの衆道兵も誰一人姜維に向かっていくものはいなかった。

姜維「どうした、誰も来ぬのか。ならば…うっ!!(ドックン)」

突如、姜維の心の臓を動悸が襲った。実は先ほどの元戎竿は強力であるぶん体力の消耗が激しく、
ひとたび発動すれば生き延びる可能性は皆無に等しいのである。

姜維「うぉぉ…丞相、いま…参ります…ぞ…。」

(……パタン。)

│73 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 01:45:37

姜維の最期 最終話 志の果てに。 4


普通に見れば感動的な展開であるが、どうにもおさまらないのが魏兵である。

魏兵「…パタンじゃねえよ!!死体なんか気持ち悪くて掘れるか!!」
魏兵「そうじゃそうじゃ!!確かに怖かったけどどうにかして掘りたかったのに!!」
魏兵「ええい、こんな奴はこうしてくれるわ!!」

魏兵は姜維が掘る前に死んでしまったことに憤り、
腹いせに彼の睾丸を切り裂いて中の玉を取り出した。

魏兵「でっでかいっ…!?」
魏兵「に、鶏の卵ぐらいあるんでねぇか!?」

蜀を一身に担い、日々衆道を極めてきた名将・姜維の睾丸は尋常ではない大きさを誇り、
魏兵はあらためて彼を畏れるとともに掘り取れなかったことを悔やんだ。

│74 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 02:05:45

バカヤロー シリアルな場面なのにゲラゲラ笑っちまったじゃねえか

│75 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 02:05:48



姜維「(ここは…どこだ?)」
張翼「(なんと、冥界がまことに存在するとでもいうのか…)」
廖化「(ふ、長きまぐわいの人生であったわ…)」

姜維「む…?そこにおるのは…おお、伯恭殿!!元倹殿!!」
張翼「おおっ! 大将軍殿、またお会いできて嬉しゅう御座る。」
廖化「左様。吾らは出自生年異なれど、死す時は同じであったとは。」
姜維「なんという慶事であることか。だが姦王朝は…」
張翼「……うむ。じゃがこれも天命、どうにもならぬ事であったろうて。」
廖化「悔しいことであるが…ところで、此処は一体…?」

三人を取り巻いていたのは尻のごとく美麗な桃の林であった。

姜維「もしかすると…ここは過日に先帝陛下が関公、張公と桃尻の誓いを交わした場所ではないか?」
張翼「おお、この男の尻のごとき桃林…それに違いない。」
廖化「どうじゃ、吾らは共に戦い、共に死んだ仲。少し遅いやもしれぬが、先帝陛下らに倣おうではないか。」
姜維「名案じゃ、しからばいざまぐわわんッ!!!」

『ふんっ!ふんふんっ!!』

どれぐらいまぐわったであろうか。
蒼き天はすがすがしく衝き抜け、あたかも彼らの一生に祝福を送っているかのようであった。
帝国の最後を彩る名将達は初めて公を抜きに肌と肌で触れ合い、ともに祖国に想いを馳せた。
確かに劉備の興した姦帝国は滅亡したが、国に殉じた英霊の魂が滅びることは決してないだろう。

│76 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 02:07:29

おっと、>>75の題名は「姜維の最後 エピローグ」に訂正をお願いします。

以上で姜維伝は完結です。
いままで読んでくださった方、ありがとうございました。

│77 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 02:11:40

たびたび失礼。最後→最期ですね。。

│78 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 02:26:04

肝じゃなくて、睾丸と来たかw
元戎竿はそりゃ死ぬよな…撃ち過ぎw

>廖化「(ふ、長きまぐわいの人生であったわ…)」
この台詞がツボに入ったwまぐわいばっかかよw
しかしこいつらはあの世でも幸せそうだなw

大作超乙でした!

│79 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 08:09:42

電車で感動&爆笑して不審がられたwww乙乙!!!

│80 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 09:36:30

…散々笑い散らしたあと
>>74を見てシリアルを吹いたのは俺だけでいいw

│81 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 15:37:13

死ぬほどワロタ。腰が抜けるかと思ったwww
最後まで楽しめました! 超乙でした!

まとめサイトちょっと改変してみたんですが見づらい様なら
遠慮無くびしびし言ってください。
ご意見お待ちしてますor2

│82 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 16:18:13

ラッキーストライク吹いたwww

尻スレでうるんだの初めてかも。乙でしたorz











うるんだのも目尻だがな!

│83 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 18:26:32

>>82
嘘を申すな!そんなに竿を潤ませおって!!

│84 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 19:39:48

し、尻ませぬ!
そのようなことは決して…

│85 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/06(水) 23:13:15

感想どうもですー。
これからも随時ネタ投下していくので、
よろしくお願いします。or2

そういえば、オフ会ってどうなんでしょう?
もしやるなら花見さんと一緒で東京でしか無理ですが・・・

│86 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 12:07:10

川崎の尻手駅周辺はどうだ?

│87 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 17:04:28

「しゃぶ亭」ってしゃぶしゃぶ屋があったよ。……ただし大阪は西梅田。


関西在住の壮士はおらんのかアッー!!

│88 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 18:40:29

>>87
かっぱ横丁の方のしゃぶ亭なら常連だw

│89 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 20:54:37

ワシは大阪より遥か西だ。
救い様がねえ。or2"

│90 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 21:26:05

>>89
ヽ(^o^)人(^-^)ノ nqm
僻地だから参加できないor2″

│91 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 22:59:15

長坂の逃げ口上。

荊州に大軍で押し寄せ、劉キを降伏させた曹操。
荊州の慰撫に努めた後、尻をまくって逃げた劉備を追撃しようと諸将を呼び寄せたのであった。

曹操「全員揃ったか!」
そう言って揃った諸将を見る曹操。だがその中に居るべき人物が居ないのを見つける。
曹操「む?文ペイはどうした!」
そう、降参の将の一人、文ペイがいなかったのである。

やがて文ペイが使者に呼ばれ、面を伏せてやって来た。
曹操「文ペイ、なぜお主は遅参した!?」
面を伏せて黙っていた文ペイは悲しげに声を押し出した。
文ペイ「…私はこの荊州と主君を守る為にこの竿をそそり立たせてきました…
    しかし竿で尻を掘る事もなく、降伏してしまいました…
    この竿で掘りまくってやる!っと前日から竿がたぎって仕方なかったのに、尻も掘れないとなると、
    竿も収まりが付かず、悶々として思わず私室で自分でしこっていたのであります…
    まあそれとおまけで、この国を守るという自分の役目を果たせずして、何の面目があって人前に出ることができましょうか…」

こう涙ながらに訴えたのである。
黙って聞いていた曹操はやがて口を開いた。
曹操「お前の苦衷、忍ぶに足りん。お前のような節度ある者が我が部下について嬉しいぞ。
   これからもその竿を自分でしごき続けるのだ!」
曹操(自分でしごいてくれる奴なら、わしの尻も欲しがらんだろうて!)
こうして曹操は文ペイを褒め、爵位を与えたのであった…が

続く

│92 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 22:59:57

続き

ジュンユウ「文ペイ殿の節度は褒められるべきであります。…が、新たな主君に忠節を尽くす事も必要ではないでしょうか?」
曹操「もちろんだ。」
ジュンユウ「と言う事で、文ペイ殿ももう我らの仲間。ここで共に殿の尻を掘り、主従の誓い、そして同僚として誼を結びましょうぞ!」
曹操「え?」
張遼「これはめでたい!某の時もそうでござったな!では皆で契りを結びましょうぞ!」
文ペイ「ウホッ!喜んで!」
曹操「げ、ゲェーッ!?」

ジュンユウ「まずは新参の文ペイ殿からどうぞ。」
文ペイ「ではお言葉に甘えて…フンッ!」
曹操「ぎゃぁぁぁぁっ!?尻が裂けるぅぅぅぅっ!?」
文ペイ「フンッ!フンフンッ!」
曹操「痛いッ!痛いッーー!?」
張遼「汚い髭だなぁ」

こうして狂乱の痴態は諸将が三回ずつ掘るまで続いた。
曹操「ヒックヒック…お、お前らこんなことしてる暇があったら劉備を追撃しろよ!
   もう逃げまくってるだろうが!」
ジュンユウ「劉備ですか〜?面倒くさいですよ〜、殿の尻の方がよさそうですし。」
曹仁「わざわざここにいい知りがあるのに、面倒くさい事をするのもあほらしいよな。」
曹操「…劉備の尻はまさに王者の尻。関羽や張飛が虜になって忠誠を誓ってるらしいぞ。」
張遼「そ、そういえば雲長から聞いたことがある!劉備の尻はとんでもない代物だと!」
文ペイ「な、なんだってーッ!」
ジュンユウ「み、皆さん!急いで追撃の準備を!!」

こうして魏軍は急いで追撃を仕掛けていった。

続く

│93 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:01:33

続き

やがて劉備の追いついたのは文ペイであった。
文ペイ「ウホッ!劉備殿!おとなしくその尻を某にご賞味させなされ!」
劉備「クッ!追いつかれたか…だがあれは文ペイ…そうだ!」
劉備は馬上から文ペイに大声でこう怒鳴ったという。
劉備「おお、誰かと思えばおぬしは荊州にこの人ありと言われた文ペイではないか!
   昨日の友に、尻目当てに掘りかかるとはなんと浅ましき事だ!
   そもそもお主は「掘る」より「掘られる」方が好きなド変態だろ!
   今でも昨日の事の様に覚えておるわ!お主と襄陽城で初めて会い、お主の尻を掘ってやった時の事だ!
   わしの竿をぶちこまれて、貴様は最初はこういったな!「痛いッ、痛いッー!?ぬいてぇぇぇっ!」とな!
   だがわしがおぬしの竿をさすればどうなったか覚えておるか!?
   「ああ〜、もっと、もっとぉぉぉぉ!」と言い出したではないか!このド変態め!更にあろうことか
   「乳首を、竿もいいけど乳首もぉぉ!」などと攻めを要求してきており、あまつさえ更には…」
左慈「放送コードに引っ掛かってしまったわ、ハハハ!三戦板では放送できんが悪く思うな、ハハハ!」
劉備「などなど、ド変態な攻めを要求してきたこの変態め!何が「尻を味あわせろ!」だ
   本当はむしろ掘って欲しいのだろが!!」
文ペイの部下1「え〜、文ペイ様って受け好きだったんだ。」
文ペイの部下2「更にはそんなド変態な攻めを要求するなんて…」
文ペイの部下3「文ペイ様がそんな人間だなんて…みんな!今夜は文ペイ様の部屋の前で集合な!」

劉備の大暴露と部下の反応を見ると文ペイは顔を赤らめて去っていったと言う。

続く

│94 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:02:07

続き

こうして劉備は難を逃れたのであった。
だが次にキョチョの軍勢に追いつかれた。
味を占めた劉備は
劉備「キョチョ、キョチョ!お主のわしに近付いてみろ!………
左慈「また放送コードに引っ掛かる内容じゃわ、ハハハ!」
劉備「といった内容の攻めをするぞ、下郎!!!」
キョチョ「ウホッ!そんな攻めまでしてくれるのか!!今すぐしてくれい、さあっ!!!!」
劉備「げ、ゲェーッ!?」

余計に必死に追い回されたとさ。

                          〜完〜

│95 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:07:08

ちょwwwwwwみんな変態wwwwww

│96 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:09:21

ちょwwwwwwwwww劉備スゴスwwwww
曹操は相変わらず萌えるww

│97 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:15:10

左慈wwwwwwwwwwwwwwwその発想はなかったわwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

│98 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/07(木) 23:17:23

かくも生々しく暴露するとは・・・
この劉備食えない奴だなwwwwwwwwwwww

│99 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 02:07:40

乙です。文ペイ殿は変態すぎwwwww

│100 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/08(金) 04:37:34

>こうして狂乱の痴態は諸将が三回ずつ掘るまで続いた。
ひでえwwwwwwwwwだがモエスww

│101 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 03:19:34

保守すれば玉璽を返していただけるんですね?

│102 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/11(月) 12:13:04

R備「何言ってる>>101?
ここに二つも玉璽があるではないか!」
>>101「ひいぃつ!玉をコリコリしないでぇ!?」

│103 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/11(月) 13:59:08

いい加減にしろよクソ野郎
さっさとこんなスレ落とせ
きもち悪いんだよクズが
はっきり言ってつまんねえんだよ
とっとと死ね、消え去れ
れっきとした犯罪だなこのつまらなさは…
たったひとつの面白いレスさえ出来ないお前らが、
のうのうと生きている資格なんてねえよ
? なにか馬鹿がわめいているな

│104 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 16:46:11

汚い縦読みだなぁ

│105 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 17:26:46

>>104
お前なに職人のくせに突っ込みしてやがる
おい、>>104を脱がせろ!

│106 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:09:14

関羽千里肛外伝、周倉との出会い。

これは関羽が劉備の尻を求めて、曹操の下から去る時の話である。
道中我慢できなくなり、関所の守りをしていた武将の尻を無理やり掘り散らす事により
欲を発散させながら進んでいた関羽一行。

ある山道に差し掛かった事である。
山賊達がたむろしてるのを見かけた関羽はこれ幸いにと、山賊達で欲求を満たそうとしていた。
山賊「なんだ、てめえは!?」
関羽「フンッ!フンフンッ!」
山賊「ギャァァァァッ!?いきなりな、何を!?」
関羽「何をって分からない?ナニだよ」
山賊「裂けるぅぅぅぅぅ!?」
関羽「お主、山賊にしてはよい尻だの!」
山賊「痛いッ、痛いッーー!?ぬいてぇぇぇぇっ!!」
関羽「山賊にしておくには惜しい竿をそそり立たせて何を言うか!」
山賊「さ、さすらないでぇーーー!」

こうして関羽が満足した後である。
山賊「この竿の感じ…貴殿は関羽将軍では?」
関羽「確かに拙者は関羽だが?」
山賊「こ、これは天のお導き!お会わせしたい壮士がおりまする!」
関羽「ふむ…?」
山賊「まま、こちらに…!」
不審に思いつつも、どんな尻をしてるのかと言う事が気になった関羽は山賊に案内させる事にした。

続く


│107 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:10:11

続き

山賊「あそこの庵に周倉様がおりまする。」
関羽「ほぉ、周倉と申すのか。では失礼するぞ。」
庵に入るとそこは容貌ただならぬ一人の壮士が春画を読みつつ竿をそそり立たせていた。
関羽「ウホッ!貴殿が周倉か。」
周倉「!?ま、まさかあなた様は関羽将軍では!?」
関羽「うむ、某は関羽だが…?」
周倉「ああ、天よ感謝します!私はここで山賊家業をしていますが、真人間に戻りたいのです!
   仕えるなら是非関羽将軍にと!と日々望んでおったところです!どうか関羽様、私の随身をお許しくだされ!!」
関羽「………」
関羽は瞑目して何も語らなかった…元山賊の物を供にしてたとなると、主君である玄徳の風評を落とすのではないかと考えていたのである。
周倉「将軍!どうか、どうかお願いします!!!!拙者を真人間にお戻しください…!」
周倉は額を地面に擦りつけ、泣きながら哀願していた。
周倉「もう山賊どもの山菜臭い竿は嫌なのです!将軍の竿で拙者の尻をお堀り下され!どうかお願いいたします!」
そう言うと素晴らしい光沢を持った尻を関羽に向かって突き出したのである!
それを見ると関羽はついさっき山賊を掘ったと言うのに、竿がたぎってきてしまった。
関羽「……おぬしの気持ちは痛いほど分かった。しかし拙者、今はご主君の姉上と共に旅をしておる。
   ご主君とは不幸にして今別れておるから、姉上たちが主君に当たると思う。
   よって姉上達の意見で決めようではないか。」
続く

│108 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:11:12

続き

関羽「と言う次第であります。周倉の随身の願い入れいかがいたしましょうか?」
夫人「チョーキモイんだけどぉ?どうせあんた達がホモるだけでしょ?却下って感じなんだけどぉ?
   ってか足首いた〜い!さっさと殿の所まで運びなさいよ、このホモ髭!」
関羽「……」
関羽は黙って牛車を閉めると周倉に向かって言った。
関羽「ご主君の妻をそのまま主君とするのはいかがな物か。妻というが、女など実質子作りする為だけの機械。
   愛もへったくれも無くて、世継ぎを作る為にビジネスライクに接するだけの存在。
   そんな肉便器を主君と言うなど、この関羽どうかしてたわ。
   周倉、お主の随身の願い、この関羽嬉しく思う!」
周倉「で、では!?」
関羽「ああ、こいよ、周倉…やらないか?」
周倉「ウホッ!喜んで!」

ここで主従の契りを結ぶ二匹の獣のまぐわいが始まった。
関羽「フンッ!フンフンッ!」
周倉「こ、これはでかいッ!?アッー!?尻が裂けるぅぅぅぅ!?」
関羽「この程度で裂けるなど精進が足りんぞ、周倉!」
周倉「う、動かないでぇぇッ!」
関羽「やれやれ、修行の為に毎日掘らねばならんな!」
周倉「ウホッ!毎日だなんて…!アーッ!竿をさすらないでぇぇぇぇッ!(喜)」

こうして周倉は関羽に仕える事になったのである。
機会があれば関帝廟に訪れてみて欲しい。
関帝の前後に二人の人物が祭られているはずである。
後ろで関帝の尻を掘っているのが、息子の関平。
そして前で関帝に掘られているのがこの周倉である!

この二人の主従愛は2千年近くも経った今でも人々に語られているのである!

                             〜完〜

│109 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:15:00

お詫び:ネタ中の中に女性蔑視に取れる発言がありますが、当時の時代背景及び関羽の個人的な意見と言う事、
     更にこの話が世の中に広まることなんて絶対無いなどのことを考えると、そのまま掲載することになりました。
     作者が認知症であることも考慮してどうぞご理解をお願いいたします。




やれやれ、ドキュメントを見たらテキストファイルのほとんどがネタの下書きだった。40超えてたぞ、おいw

│110 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:22:52

すごい、なんかクラウザーさんに通じるものを見た気がする・・・

ぜひ姦帝廟に行かねばなるまい

│111 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:26:13

感動しますた ( ;ω;)

│112 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/11(月) 22:43:08

常時age

│113 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 02:55:16

乙ですwwww周倉の素晴らしい光沢を持った尻スゴスwwww
なにげに関平は父を掘っていてすごいじゃまいかアッー!w

│114 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 16:01:36

○三国尻演技
後漢から三国時代の英雄たちの尻事情をせきだらに語る歴史書。
劉備が義兄弟の契り輪結ぶ桃園の乱交や孔明を招く際行った散肛礼など、
正史では決して語られることのなかった本当の三国志がここにある。

│115 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/12(火) 16:24:00

演技だァ?コノヤロウ!

│116 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 18:01:52

正史だァ?! コノヤロウ!!

│117 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 18:41:12

三国尻精子

│118 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 18:56:08

性史『三国尻』

│119 名前: sleepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/12(火) 19:57:34

名は体を現す。まさに「後姦書」

│120 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/14(木) 18:10:52

肛門の会

│121 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/15(金) 21:23:39

張飛成長し厳顔帰順す(ついでに劉備は・・・)

劉備軍は蜀へ侵攻し張飛は巴郡を攻め落とした。そしてそこの守将の厳顔を捕らえた。
しかし、張飛は厳顔を説得し帰順させようとしていた。
「ウホッ!厳顔、俺たちとともに姦朝再興をやらないか」
「うるさい、このホモ野郎!わが蜀には首をはねられる将軍はいても
 尻を差し出す将軍はおらんわ!帰って劉備の竿でもしゃぶってろ」
昔の張飛ならこの言葉に激怒し、有無を言わさず相手の服をひん剥いて尻を掘っていただろう。
だが、今の張飛は孔明やホウ統に鍛えられ、様々な手練手管を心得ていた。
「くっくっくっ、これは調教いや説得し甲斐があるわい」
そして厳顔の縄を解き、尻をつかむや言い放った。
「汚い穴だなぁ。お前初めてかここは、力抜けよ」
「な、なにを言い出すのだ。わしは帰順などせんぞ」
「心にも無い事言ってくれるじゃないの ところで俺の*を見てくれ こいつをどう思う?」
「そんなものを見せられたって、は、吐き気がするだけじゃ」
「しゃぶれよ」
「しゃぶれだァ? コノヤロウ、てめぇがしゃぶれよ!はっしまった!わ、わしにそのケはないぞ」
だが張飛の言葉攻めに厳顔は陥落寸前であった。その後も言葉攻めが続きついに
「四つん這いになれ」
「なれば帰順させていただけるんですね」
ついに厳顔は説得されて尻を差し出した。

続く

│122 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/15(金) 21:24:14

そのとき
「張飛、お前も成長したのう」
「兄貴!いたのかよ」
一部始終を影から眺めていた劉備が出てきて言った。
「はっはっはっお前の成長頼もしく思うぞ。ほれ、祝いの竿じゃ。受けとれい」
「ちょ、ちょっと兄貴、ぎゃあぁぁっ!は、入ってくるぅっ!」
「厳顔どのもご一緒に。帰順祝いですぞ」
「おぉっこれが長坂で曹操軍をたった一騎で撃退した尻ですな。ふんふんっ!」
「厳顔どの。猛々しい竿使いですな」
「まだまだ若いものには負けませんぞ」
「ぬ、抜いてぇっ、さ、裂けるぅぅっ」
張飛はうすれゆく意識の中でこれからは敵将を捕らえ次第掘ることを誓うのであった。

終わり

│123 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/15(金) 22:30:56

おい、劉備の救援の為に厳顔を攻略したんじゃなかったのかよw
劉備は尻のためなら神出鬼没だなwwwww

張飛は成長したと見せかけて、成長してなかったなwwwww

│124 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/15(金) 22:43:15

そうか、言葉攻めという手があったな。

│125 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/16(土) 04:30:41

gj!!!!厳顔は策士だなwww

│126 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/16(土) 10:51:08

>>123
忘れてた!それがしの尻を差し出します。
ついでに弁解まがいのおまけのつけたしも。

「じゃあな、張飛。ラク城で待ってるよ。
 我ら生まれた日は違えども、掘るときは同じ日同じ時を願わんだからな。
 抜け駆けは許さんぞ」
「き、消えた!?」
厳顔は劉備に蜀勢が勝てぬことを確信したのであった。



│127 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/16(土) 12:20:07

張飛やられ損

│128 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 00:59:23

>>126
それでも、ラク城で待ってないで瞬間移動で退却して来いと言いたくなるなwwwwww

│129 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 18:08:51

虚誘掩殺の計

宛城で典韋や曹昂を殺された曹操は仇討ちとばかりに南陽城に攻め込んできた。

「おい、賈ク。曹操を倒す策はないのか」
「ご安心をわが君、これこれこういう策がございます」
「えっ、そんなことしなきゃだめなの。他に策はないの」
「わが君、この策ならば曹操を見事掘り取れます」
「しょうがねえなあ。わかったよ。お前を信用するよ」

南陽城に着いた曹操は自ら城壁を偵察していた。
「ふむ、東南の城壁は少しもろそうだな。張繍め、ろくな準備もしていなかったとみえる。
 わしに逆らったらどうなるか思い知らせてくれるわ」
次の日から曹操軍はもろそうな城壁の反対側、西門から猛攻撃を仕掛けた。
「賈クよ。曹操は引っかかってくれたかのう」
「ご心配なく、曹操はすでに我が計にかかっております」
西門への総攻撃が開始されてから三日三晩過ぎたとき、曹操は諸将を集めていった。
「我らが攻撃を開始してから三日三晩が過ぎた。張繍軍はここを重点的に守っておるであろう。
 今夜、我々は半数の兵で反対側、東南の城壁のもろいところから攻める」
その夜、曹操軍はひそかに城の反対側に移動し、夜襲を仕掛けた。
「夜襲だあぁ!、曹操軍の襲撃だあぁ!」
「ふん!ふんふんっ!!」
「い、痛い!ぬ、抜いてぇぇ!」
「嘘を言うな!こんなに股の竿を硬くしおって!」
張繍軍は総崩れとなり、曹操軍は城になだれ込んだ。

│130 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 18:11:00

続き

「げぇっ、曹操!」
混乱の中、曹操の目に張繍の姿が捉えられた。曹操は張繍を捕まえると
「はっはっはっ!張繍年貢の納め時だな。ふんふんっ!」
「ぎゃあぁぁっ!い、痛いぃぃっ!さ、裂けるぅぅ!」
「嘘を言うな!こんなに股の竿を硬く!?」
「ふっふっふっ曹操、引っかかったな。我が尻の締まりを食らえ!」
「なにっ!ちょ、ちょっと動けない」
「貴様の竿ごときでは切れてないですよ、ウン、俺の肛門切れさしたら大したもんですよ。
 賈ク、曹操を捕まえたぞ」
「よし、かかれ!」
合図とともに伏兵が現れた。
「今までよくもやってくれたな。食らえ!ふんふんっ!」
「ぎゃあぁぁ、さ、裂けるぅぅ」
たちまち曹操軍が逆にやられる展開になってしまった。
そして張繍の尻に捕らわれている曹操には賈クが襲い掛かろうとしていた。
「ふっふっふっ、曹操。きさまの悲劇の尻たっぷり味わってくれる」
「やばい、このままでは掘られる」
曹操は必死になって逃れようともがいた。すると、
「スポンッ」、なんと張繍の尻から曹操の竿が抜けた。
「な、なにぃぃ!我が尻の締まりから逃れただとおぉ!」
張繍の尻から逃れた曹操は一目散に逃げ出した。
「(竿が小さいのもたまには役に立つときがあるもんじゃ)」
だが、曹操軍の敗勢は覆しようもなく、大損害を被った。



│131 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 18:11:31

続き

「くそ、曹操め。奴に人並みの竿があれば掘り取れたものを」
「我が君、もはや曹操には並々ならぬ運を感じます。これからは敵対するのは考え物だと思います
 それに帰順した将には自分の尻を褒美にやると聞きます。折を見て帰順いたしましょう」
「掘れるんならそれでもいいかな。お前が言うんだから間違いないよな」
その後、張繍と賈クは帰順した際の宴でたっぷりと曹操の尻を堪能したのであった。


終わり

│132 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 19:35:47

短小曹操乙wwwwwwwwwwwww
良かったような良くないような複雑だなwwww

│133 名前: 無名武将@お腹せっぷく [age] 投稿日: 2006/12/17(日) 20:50:15

一瞬別世界の曹操かと思ったが、やはり曹操は曹操だったかwww
マッチ棒で尻が裂けるわけないもんなw

│134 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 21:49:07

子力がいたぞ、子力がwwwww
しかし曹操を掘りたいなら敵対するより、帰順した方がいいのかよw

なんて魅力的で度量の広い君主なんだろう…本人は望んでないんだろうがwwww

│135 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 21:59:16

ここの曹操は信玄スレでの秀吉みたいなもんだなw

尻一つで人材を収攬して覇者になるとは・・・

│136 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 22:27:31

曹操んとこは部下がことごとく鬼畜だもんなwwww
君主の尻を差し出す献策を平気でたてるwwそして自分も掘るw

│137 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 22:36:31

曹操、たまにはいいこともあって良かったねwwww
しかし張繍はそんなにカクの言いなりでいいのか?wwww

│138 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/17(日) 23:52:58

まとめさんが無言でマメに更新しているのを見るとちょっと頭が下がる・・・。

│139 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 00:11:52

まとめさん、曹操並みにMだったりして♪

│140 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 01:47:04

曹操はMじゃないよ!不本意なんだよ!w(多分)

│141 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 01:58:03

>それに帰順した将には自分の尻を褒美にやると聞きます

とことん悲劇だな曹操www
褒美じゃなくて無理やり掘られてんだよwwww

│142 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 15:15:02

ケツ旦評

小間使い「許子将様、曹操と名乗る者が人物評を受けたいと面会を求めています」
許子将「曹操?ああ、アレか。宦官の孫か。自ら竿を捨てた奴の孫など会う気も起きんわ」
小間使い「それが橋玄様の紹介状を持参してまいりました。どうぞ」
小間使いは紹介状を許子将に渡した。
許子将「ふむ、なかなか見所がある奴らしいな。会ってみるか」
許子将は紹介状に目を通すと笑みを浮かべた。
曹操「許子将様、お忙しい中お会いくださりありがとうございます」
許子将「わしは忙しいのだが紹介状があったからな。おぬしそんなにわしに評されたいのか。
    わしの人物評は厳しいぞ。おぬしわしの人物評を受ける覚悟はあるのか?」
曹操「はい、許子将様に評されるのでしたらどのような目にあってもかまいません」
許子将「ふっふっふっ、言ったな。どのような目にあってもかまわんと」
曹操「は、はい」

続く

│143 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 15:15:46

許子将「では服を脱いで四つんばいになれ」
曹操「はぁっ?い、いきなりなにを?」
許子将「いいからなれ!いやなら人物評はせんぞ」
曹操「な、なれば人物評をしていただけるのですね」
曹操はいやいやながらも服を脱いで四つんばいになった。
許子将「脱いだな。では、ふんっ!」
曹操「ぎゃ、ぎゃあぁっ!な、何か入ってくるぅぅ!」
許子将「さすが橋玄が推薦してくるだけはある。見事な尻だ。ふんふんっ!!」
曹操「い、痛いぃーッ!裂けるぅぅーッ!」
許子将「嘘を申すな。股の竿を・・・?無い!貴様すでに祖父と同じ宦官になっていたのか!」
曹操「ひぃぃーッ!ち、違います。あ、あります。小さいだけですぅぅーッ!」
許子将「む、これか。小さいながらも硬くさせおって」
曹操「さ、さすらないでぇ」
曹操は延々と許子将に掘られ続けた。それがやっと終わったとき許子将が言った。
許子将「ふむぅ、おぬしに与える評価は『治世の能尻、乱世の奸尻』だな」
曹操「はぁっ?そ、それはどういう意味ですか?」
許子将「おぬしは治世においては有能な尻の持ち主として百官に掘られ、
    乱世においては奸智にたけた尻の持ち主としてあまたの英雄、豪傑に掘られるであろう」
曹操「それってどっちの世でも掘られるってことじゃないですか」
許子将「そうじゃ。さてもう一戦交えるか、ふんふんっ!」
曹操「ぎゃあぁぁアーッ!」
曹操は掘られながらもこれからの受難の未来に思いを馳せて心の中で泣いた。

終わり

│144 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 15:48:32

曹操!
許子将の人物評はそのまま評された人の人生を左右したというが
悲劇の尻の原点はここだったのか・・・

│145 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 21:38:29

ちょwwwwwwww許子将先生まで変態wwww
さすが悲劇の尻ww期待裏切らないなww

│146 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 22:24:35

治世の能尻、乱世の奸尻にプリン噴いたwwww

│147 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/18(月) 22:31:04

どんな世でも報われない男wwwww

│148 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/19(火) 00:00:39

覇者には違いないがなんという・・・

│149 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/19(火) 05:51:23

曹操乙wwww出世のためには、立派な竿より見事な尻のほうが役に立ちそうww

│150 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/19(火) 12:55:11

蒼天航路の漢中戦で、三方から迫り来る張飛・趙雲・馬超の部隊に対して

「心配するな! 俺が居る――どいつもこいつも曹操が標的だ!」

って曹操が見栄を切るカッチョいいシーンがあるんだけど。




このスレ見た後じゃ「ウホッwwww分かってるじゃねーかwwwwwwwwwwwwwwww」ってなるわw

│151 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/19(火) 18:35:24

>>150
ウホッ!
三輪挿しですか

│152 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/19(火) 22:18:37

このスレ的には蒼天曹操が「悲劇の尻」曹操でFA?

│153 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/19(火) 22:51:48

変なこと勝手に決めないでくれ!!
蒼天曹操嫌いなんだよ・・ここの曹操は萌えだがw

│154 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 06:12:57

>>152
あれは曹操の捏造だと思ってる。
敵に部下に掘られない曹操なんて曹操じゃない!

│155 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 07:42:34

蒼天は掘られ曹操の夢見たストーリーかw

│156 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 08:25:46

ところで、この世界ではどうやって子作りしてるの?

│157 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 08:31:13

>>154
背の低い曹操が尻を痛そうにさすりながら若干涙目で
「だ、だからな、ここでわしが『ならばよし!』って言うんじゃ。
 コマはおっきい方がカッチョ良いよな……」
と語るのを「はいはい、ならばよしならばよし」と聞き流しながら張遼辺りを呼ぶ郭嘉を想像して
朝から吹いた。なんて悲しい英雄なんだ……w


>>156
千里行の関羽の言から一応女性ともして産んでもらってるんでない?
もしくは一部のノンケ(絶滅危惧種)が頑張ってるんだと思われ。

│158 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 14:15:39

敵を尻

己の尻を差し出せば

百戦して危うからず

          孫尻※魏武注

│159 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 16:25:46

この世界は女が油断ならないからな
劉備も呂布も女にはやられてたww

│160 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 19:32:38

>>158
その孫尻は曹操の偽作としか思えないw

│161 名前: 152 [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 20:34:23

すまぬ、この>>152の目を以てしても
蒼天曹操は掘られ曹操の妄想だった
という真実が見抜けなんだとは!なんたる不覚…
掘られ曹操にこの歌を捧げ詫びるとしよう。

悲劇の尻・魏王曹操のテーマ「掘らないで!」
(原曲・きらりん☆レボリューションOP「バラライカ」)
バックコーラス(ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!やらないか? 
ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!
ふんっふんっ! やらないか?)
ゆらりゆらり ゆれているワシの尻ピ〜ンチ
かなりかなりヤバいのよ 助けてくれない、ワシの部下(泣)
何もかもが狂ってる お前ら変態だ
たくさんの尻を 乗り越え
踏み越え ワシを
※掘らないで!掘らないでっ! 掘ら 掘らないで!?
郭嘉腰振りを止められない?
もっと主大事にしろ! 張遼に惇 ちょっとアッー!なカ・ン・ジ

もう劉備が止められない!
(劉備)もっといーやーらしく 竿勃てろや!
もう ワシの尻 掘・ら・な・い・で!
バックコーラス(ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!ウホッ!掘らないで! 
ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!ふんっ!
ふんっふんっ! 掘らないで!アッー!)

│162 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 22:08:00

なんてアーッ!な歌なんだwwwww

│163 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 22:52:52

まとめです。

「オフ会まじでやらないか?」なメールを数通頂いているのですが、
年末ですし、やるなら1月後半から2月入ってからじゃないと無理ぽ。

私主導ですと東京(渋谷新宿池袋あたり)で開催になると思いますが、
それでもいいぜ、やるぜ、な方がいらしたらまとめサイトアドレスまで捨て
アドでよいのでご一報ください。
適当に人数集まりそうなら企画させていただいて、企画決まった時点で
折り返します。
(希望月日なんかも書いてくださったら嬉しい)
私含めて4人以上集まらないならやりませんw

│164 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/20(水) 23:03:42

>>161
原曲知らんが、ガチムチがフンドシ一丁で湯気を出しながらバックコーラスをしてるとこを想像して吹いたw
必死に歌いながら哀願してるんだろうな、曹操は…w

>>163
東京でウホッ!な展開と報告を期待しておりまする。それがしは西方の蛮族ゆえに参加できませぬがw

│165 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/21(木) 22:22:40

何組のカップルが生まれることやら。





とか普通のスレで言うのとこのスレで言うのとでは訳が違うなぁw
それがしも西方の蛮族ゆえ参加できませぬ。or2

│166 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/21(木) 22:49:03

それがしsileepknotタンに逢いたかったのに…

│167 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2006/12/21(木) 22:58:01

うし、メール送ってみました。

近々またネタ投下すると思うので、よろしくお願いします。

│168 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/22(金) 01:06:10

これを言わねばなるまい。

>>166
四 つ ん 這 い に な れ 。



ちょっと試験的に、仮に大阪でも「男色★無双〜ウホッ! ガチムチだらけの三国尻演義?!〜」を
開催したらどれぐらい集まるか尻たいところ。

良かったら尻を出して応えて欲しい。



or2" <まず一人目!

│169 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/22(金) 04:11:53

>男色★無双〜ウホッ! ガチムチだらけの三国尻演義?!〜

ちょっ、そういうこと言うと何か描くぞww

│170 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/22(金) 07:23:07

ウホッ兄貴!敵が来ちまったぜ!

│171 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/24(日) 02:23:39

>ここの曹操は信玄スレでの秀吉みたいなもんだなw

とはいえ、あちらの秀吉は敵の竿をへし折ることもできますし、何より、『三サ(ィ)ル』と
いう強烈な技がありますからね。
ああ、そういう技がないもんで「悲劇の尻」と…

│172 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/24(日) 14:19:21

下品なスレだなー

│173 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/24(日) 15:32:07

♪立派なお尻の 曹操さんは
いつも皆の 掘られ者
でもその年の 冬至の日
郭嘉のお兄さんは 言いました
「長い夜には ぴかぴかの
殿の尻が 役に立つのです」
いつも泣いてた 曹操さんは
今宵もなのかと ガチ泣きました♪

│174 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/24(日) 16:51:32

郭嘉、止め刺したなw

│175 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/24(日) 23:34:32

信玄スレでの秀吉は、とうとう、死後も掘られてますぞ。
まさか魏王が偽墓を多数作らせたのって…

│176 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/25(月) 09:38:47

>>175
あれ、あのスレで死後に掘られたのは秀長のはず・・・

│177 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/25(月) 12:31:44

今回のたアッーいこうきの直前のレスで
江戸の強姦魔がサルの赤尻欲しさに墓を暴いて掘ったので
大阪の陣までタイムトラベルする話があったよ。

│178 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/25(月) 22:06:49

あっちのスレとこことで掛け持ちしてる奴は多いようだなwww

│179 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/26(火) 02:54:01

うるせえよ
ホントにこのスレうざってえ
っていうか死ね

│180 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/26(火) 14:27:03

>>179が掘られたがっているようだ。

│181 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/26(火) 17:15:52

そこで放置ぷれいですよ

│182 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/26(火) 19:02:51

ふむ。こらえ切れず
「な、何卒お情けを下されませぇーor2”」
となるまで待つのですな…

│183 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/28(木) 22:05:29

饅尻の起源

南蛮の民を信服させた蜀軍は帰路、濾水に差し掛かるが荒れ狂っていてとても渡れなかった。
孟獲「丞相、美尻の持ち主49人を川の神に供えれば濾水は鎮まると言われています。
   さっそく南蛮の民から見繕って供えます」
孔明「それはならん。美尻の持ち主をみすみす川の神に供えるなんてもったいないじゃないの」
孟獲「しかし、それでは濾水を渡ることはできませんぞ」
孔明「私に考えがあります」
孔明は炊事係りに命じて小麦粉をこねて中に肉を詰め、尻の形を模したものを作らせた。
孔明「これを濾水の神に供えよ。さすれば濾水の氾濫は鎮まるだろう」
果たしてそのとおりになったので人々は孔明を敬った。
こののちこの尻を模したものは饅尻と呼ばれ、世の人たちに好まれる食べ物となった。

この饅尻は日本に伝わり、その原初の形をもっとも受け継いでいるものが信玄桃である。


│184 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/29(金) 09:35:22

今朝朝食にローンソの焼き豚饅尻食べた後だから余計ワロタwwww

│185 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/29(金) 14:20:10

さすが信玄はそれを忠実に真似たのかwww

生贄用の49人の尻は孔明が美味しくいただきました。

│186 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/29(金) 22:21:24

きっと、一兵卒が饅尻をオナホールがわりに使っているぞ。

│187 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/30(土) 01:25:10

いや、まず孔明が試堀してみたに違いない。

│188 名前: お正月 曹操編 [sage] 投稿日: 2006/12/30(土) 10:40:59

♪もーいくつ寝ると
お正月
お正月には 尻出して
帝や百官 掘りまくる
中止になれ なれ お正月♪

│189 名前: 蜀編 [sage] 投稿日: 2006/12/30(土) 10:43:45

♪もーいくつ寝ると お正月
お正月には 竿出して
五虎将軍師 掘り放題
早く来い 来い お正月♪

│190 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2006/12/30(土) 17:28:39

ケツしか頭にねーのかこいつらわwww

│191 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2006/12/30(土) 21:13:13

もーいくつ寝ると ウホッ月
ウホッ月には 竿勃てて
手当たり次第に 掘りましょう
早く来い 来い ウホッ月

│192 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/30(土) 22:37:06

魏のお年玉は曹操の尻かwwwwww

│193 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/31(日) 02:56:04

さて・・・



堀納めと逝くか・・・



し、尻〜!!

│194 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/31(日) 17:03:18

蜀のお年玉は饅尻だろうなw

│195 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/12/31(日) 22:57:36

じゃあ、みんな、よいお尻を!or2

│196 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/01/01(月) 00:23:43

明けましておめでとう!
⊃( * )⊂

│197 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/01/01(月) 00:50:21

アッーけましておめでとうです*

│198 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 01:23:58

さて・・・


掘り初めするかor2"

│199 名前: sleepknot 【大吉】 【1101円】 ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 17:45:59

>>200
大吉だったらしゃぶり初めしろよ。

│200 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 18:01:21

>>199
黄権「どうか…モガッ…初詣には…ムグムグ…参らないで下され…ちゅぽん」


│201 名前: 【大吉】 [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 18:50:59

ウホッ、俺もやってみよう

>>202
大吉だったらしゃぶり初めしろよ

│202 名前: 【吉】 【1724円】 [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 19:17:49

曹操「今年の運勢を占ってみるのだ・・!」

│203 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 19:20:03

>>202
曹操「微妙だなあ・・」
郭嘉「お慶びを、殿。その運勢、今年は部下や諸将に1724回掘られるということですぞ!」
曹操「どこがお慶びなんだよ!!!! ふざけんな!!」
郭嘉「1742回だと一年は365日、一日あたり4.7回掘られないと足りませぬな。では早速私が・・」
曹操「げぇーっ!」

│204 名前: 曹操 【末吉】 [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 23:41:38

or2

│205 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/02(火) 20:25:56

曹公、霊樹を斬り躍竜祠の神に遇う

曹操は洛陽の行宮に新殿を建てるべく大樹を探していた。
そして洛陽東三十里の躍竜タンに十余丈の梨の木を見つけたものの
ご神木という事で人夫たちは恐れて誰も伐らない。
曹操「仕方無い、一丁行ってみるか。」
行った曹操が見たものは、股の竿を固くした人夫たちが
「ふんっ!ふんふんっ!!」
と一物を振るい梨の大木に打ち付けている姿だった。
曹操「……(怒)お、お前らなぁ…
そんなので木が伐れるか!」
人夫頭「これは魏王殿下、常ならば人夫一人の股斧で多少の大木なら伐り倒せるのですが
流石はご神木、我等が自慢の股斧を受け付けませぬ」
曹操「い、いや、いやね、そもそも股の一物で木を伐るって発想そのものが間違ってるだろ!?
木を伐るとはこうするのだ!」
とやにわに佩剣を抜き放ち、発止と大樹に切り付けた。
すると切り口から真っ白い雄汁の様な濃厚な臭いの樹液が迸り、
全身に白濁液まみれになってしまった!
賈ク「あ殿下、戦場で雄汁まみれになった見たいですね」
曹操「お前も余計な事言わなくていい。
にしても生臭い樹液だなぁ…」
さて宮殿に帰った曹操はしっかり風呂で樹液を洗い流し床に就いた。その夜半…。


│206 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/02(火) 20:57:38

続き

その夢枕にザンバラ髪で黒服の者が現われた。
「わしは躍竜祠の樹神である。貴様己の宮殿の為によくもわしの木を伐りおったな!
許せぬ、わしの怒りを受けるがよい!!
というか、あそこで貴様の尻の形を見たときから掘りたかったのじゃあ〜、食らえっ!」
と見ればその黒服の者は股をはだけていて、
股には昼の大木に勝とも劣らない巨大な股竿が!
曹操「ち、ちょっ、ちょっお前、
そんなん入らないから、入らないからって入ってきたぁ!?
さ、裂ける、本当にし、尻が裂けるぅ!」
神「ふんっ!ふんふんっ!!」
曹操「い、痛いっ、痛いーっ!う、動かないで…っ」
神「嘘を申すな、こんなに股の小刀を固くしおって!」
曹操「あひぃっ!?さ、さすらないでぇ!…アッー!」
神「中々の尻じゃ、また明日も参る。」
斯くして連日連夜木の神に掘られ続けた曹操は持病が悪化
華陀を呼ぶも、故郷に偽って逃げた事から刑死させてしまい
遂には春秋六十六歳で世を去る事になるのである。

│207 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/02(火) 21:52:24

新年早々乙wwww
てか曹操wwww最後の最後までwwwwwバロスww

│208 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [age] 投稿日: 2007/01/02(火) 23:53:07

正月の大火 壱

魏王に就いた曹操の権勢に漢朝の名士達は怒りを募らせていた。
九卿の一、少府の耿紀もそのひとりであった。

耿紀「ムムム・・・曹操め、皇帝陛下を蔑ろにして専横を極める不遜は許せぬ!!」
----「しかもあのような桃尻をひけらかして宮中を闊歩して我々を挑発するとは・・・・・・。」
韋晃「全くだ!!機先を制して奴を廃し、陛下をお救いするのが忠臣の道!」
----「そうすれば遠慮なく念願のあの尻を掘ることが出来る・・・・・・。」

(曹操自身は心の底から嫌がっているのであるが)曹操の桃尻は自然と男の欲を刺激し、
忠臣の激情とあいまって一層その竿を駆り立てるのであった。

耿紀「だが、奴は和姦によって人心を収攬している。」
----「官僚達の多くは曹操の尻をいつまでも楽しみたいがために反抗心を抱く者は少ないぞ。」
韋晃「心配無い。私の心服の友に金禕という者がいる。」
----「匈奴出身の前姦(ぜんかん)の名相・金日テイの子孫なだけあってその忠心は臣下第一。」
----「さらに言えば奴は怒江須(ドS)、必ずや曹操を苦しめながら掘り散らす願望を抱いておるはずだ。」
耿紀「そのような男がいたのか!早速二人で尋ねて真意を探るとしよう。」

│209 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [age] 投稿日: 2007/01/02(火) 23:54:43

正月の大火 弐

翌日、耿紀と韋晃は金禕の邸宅を尋ねた。

金禕「珍しいではないか。何も無いが、ゆるりと春画でも観ながら語り合おう。」
耿紀「いや、我々はちと俗な頼みで参ったのです。」
韋晃「さっするに、魏王曹殿下はじきに姦の正統をお継ぎになるでしょう。」
----「そうすれば貴方にはご栄職に就かれ、官職も進むことでございましょう。」
----「そうなった暁には、ぜひに共に曹操様の尻を嗜もうではありませんか。」

すると、金禕は眼をかっと怒らせた。

金禕「帰り給え!!わしが貴様らと親交を暖めておったのは、貴様らが姦の忠芯(ちゅうしん)だと思っておったからだ。」
----「曹操の尻を掘るはいいが、曹操と和姦を楽しもうなどと申すようでは忠芯とはいえぬ。」
----「さあ、もはや絶交だ。帰り給え。」

韋晃「・・・先ほどの無礼、お許しくだされ。実は貴方を試させていただきました。」
耿紀「左様。我々も曹操を掘るだけでなく、掘り取ろうという志が御座る。」
----「そこである計画を立てたのだが、貴殿も我々の同志となってはくださいませんか。」
金禕「おお、それならば望むところ。しかし、どういった計画なのだ?」
耿紀「まずは正月の不意を突いて貴殿と某と韋晃と吉平の二人の息子・吉邈・吉穆が決起します。」
----「そして曹操の尻に竿を五本同時に挿入し、『ふんっ!!ふんふんっ!!』と突きまくります。」
----「奴が『痛い、痛いーっ!!うっ動かないで!!』と喘いだところで皇帝陛下に呼びかけ、」
----「陛下自らに『嘘を言うな!股の針を精一杯固くしおって!!』と奴の竿をさすって頂きます。」
----「曹操は涙目で『さっ擦らないでェー!!』と申すでしょうから、とどめに蜀の劉備を呼び寄せ」
----「劉備に『汚い髭だなぁ』と曹操の髭を引っ張らせます。・・・どうです、ここまでなされば、」
----「『自害せよ』『自害すればやめていただけるんですね?』という展開も確実です。」
金禕「ウホッ!!!想像するだけで竿が勃ってきおった!!!早速準備に取り掛かろうぞ!!!」

男たちは精気を養いながら、壮大な輪姦計画を練った・・・・・。

│210 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 00:18:51

小ネタ:姦尻は美しく散る

漢朝に野心なく 咲いている能尻ならば
ただ竿を受けながら 喘いでいればいいけれど

私は 乱世の姦尻に生まれた
華やかに激しく掘られろ!! と生まれた

曹は! 曹は! 気高く咲いて♪
操は! 操は! 美しく散る♪


(突発的に思いついた替え歌。ベルばらの『薔薇は美しく散る』のメロディーでどうぞ)

│211 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 00:33:08

>209>の続きめちゃ気になるんだけどwwww寝れねえww

│212 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 00:47:02

職人さま方、乙です!
見事なおとしり玉でした。ありがたく戴きました。

│213 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 01:49:38

曹操はとうとう神にまで・・・ww
すごいよ孟徳!!w

│214 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 01:50:08

>>211
時事ネタなのでがんばって正月の明けぬうちには完穴(かんけつ)させます! ^^;

│215 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 15:34:43

皆様あけましておめでとうございor2

職人見習いさんのは完結してからまとめに載せる事に
させていただくとして、これ分類はどこにするのが適して
おりますか?

オフ会の件は1月下旬にもう一度募集かけますんで
どうぞよろしく。

│216 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 20:26:56

>>205-206
完全に曹操は被害者だなw 切り倒そうとしてた奴は他にもたくさんいたというのに、訳の分からん理由で祟られるとはw
カクが訳の分からん突込みをのほほんとしてるしなw
>>208-209
輪姦の計画しか立ててないこいつらって一体w

│217 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 22:37:29

>>209
>「『自害せよ』『自害すればやめていただけるんですね?』という展開も確実です。」

どんだけ調子のイイ計画だよwwww突っ込みどころ多くてなんかもうたまらんww

│218 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [age] 投稿日: 2007/01/03(水) 23:20:00

正月の大火 参

時は些か遡る。曹操は神卜の達人、管輅を謁していた。

曹操「待っておったぞ、卜聖。ひとつ予のために、予の人相を占ってみてくれぬか。」
管輅「困りましたなぁ・・・某は趙顔の一件以来、卜は断っているのですが・・・。」
曹操「そこを何とか頼む!! 一生のお願いじゃ!!」
管輅「(そんなに涙をためて・・・しかもこの尻の形の良さ・・・ゴクリ。)」
----「いやはや、そう仰せになられましても・・・ううむ。」
曹操「何でもする、何でもするから!!」
管輅「ウホッ!!! 何でもしてくれるのですな!? それではいざまぐわわん!!!」
曹操「ちょっ・・・確かに何でもすると言ったが尻を掘るなんて!!」
管輅「何を仰るのです!! 魏王の運命を詳しく知るためには、」
----「まずは身体の交わりを深めねばならないのですよ!!・・・さあ行きますぞ!!」
曹操「ぎゃあああっ!!しっ尻が裂けるぅ!?」
管輅「この程度では裂けませぬ!! おお、噂に違わぬ名器・・・。」
曹操「は、早く占ってェーっ!!!」
管輅「おお、運命が見えましたぞ!! 呉は一人の大将を失い、蜀は必ずや他国を侵しましょう!!ふんふんっ!!」
曹操「分かった、分かったからアッー!! 抜いて、占い終わったなら抜いてェーっ!!」
賈詡「いけません。尻一つで運命が見えるのなら安いものではないですか。」
----「管輅殿、もっと掘って占いをお続けなされ。」
曹操「ちょっ・・・要らんことを言うな!!」
管輅「そうそう、この期に及んで堅いことは言いっこなしです!!さあもう一戦行きますぞ!!(サワサワ)」
曹操「さっ擦らないでェー!!」
管輅「汚い髭だなぁ」

(ひとしきりまぐわった後・・・)

管輅「ふう、スッキリした。(満足げ)」
----「そうそう、私の占いによれば近々都で叛乱が起きるようですからご注意なされ。」

管輅は性欲を満たすと、いずこへと去っていった・・・・・。

│219 名前: 職人見習い ◆fVKI4ilHCQ [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 23:24:09

あ、占いの依頼内容と結果の辻褄が合ってないや。
まとめサイト掲載時は台詞一行目の「予の人相を」を削除、
台詞九行目の「魏王の運命」を「天下の運命」に変更をお願いします。

│220 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/03(水) 23:31:08

尻に目が眩んで占った管輅は絶対神罰が下るぞwwww
>賈詡「いけません。尻一つで運命が見えるのなら安いものではないですか。」
おい、カクw ジュンイクを髣髴とさせる台詞だなw


│221 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/04(木) 01:27:35

管輅鬼畜wwwwwwww
それにもまして賈詡の恐ろしさよww

│222 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 12:32:31

華佗と獄卒とその妻

華佗は曹操の逆鱗に触れ投獄されていた。
獄卒「華佗さん、ほれ飯と酒だ」
華佗「すまんのお。名医と呼ばれたこのわしも捕らえられてはただの老人じゃ」
獄卒「そんなこというなって。曹操様だって今は頭に血が上ってるけどそのうち釈放されるって」
華佗「いや、わしはもう終わりじゃ。せめて死ぬ前にもう一度尻を掘りたかった」
獄卒「そんなら俺の尻を掘るかい?」
華佗「なぬっ!いいのか?」
獄卒「いいっていいって、どうせおれは毎夜かみさんのこけしに掘られてんだ。
   これも縁だ。名医に掘られるってのも悪くねえ」
獄卒は服を脱いで尻を出した。
華佗「ウホッ!獄卒にしておくにはもったいないお尻、ふんふんっ!」
獄卒「アーッ!老人とは思えないこの動き」
華佗は掘り納めとばかりに思う存分掘った。
華佗「わしは満足じゃ。もうこれで思い残すことはない。そうじゃこれをやろう」
華佗は一冊の本を懐から取り出した。
華佗「これは『性嚢書』といってわしの房中術、さらに治療と称して尻を掘る方法、
   ついでに医術にも触れておる。わしのすべてじゃ。これをおぬしにやろう」
獄卒「いいのかい?俺みたいな獄卒に」
華佗「いいんじゃ、いいんじゃ」

│223 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 12:33:35

続き

その後、華佗は処刑されてしまったが獄卒は家に『性嚢書』を隠した。
獄卒「これで俺も掘り放題の人生を歩めるかな」
しかし獄卒の留守中にそれを妻が見つけてしまった。
獄卒の妻「これは災いの元だわ。でも房中術は残しておきましょう」
妻は房中術の項を残して燃やしてしまった。獄卒は帰ってきて隠し場所を見るなり、
獄卒「『性嚢書』を燃やしてしまったのか。なんてことをするんだ」
獄卒の妻「これでいいんです。あんなものを持っていたらまともな死に方はできません」
その夜
獄卒「アーッ!今日の攻めは一段と激しい」
獄卒の妻「ふんふんっ!(さすが華佗様の房中術)このオス豚め!」
獄卒「ひいぃっ!私はあなた様のオス豚です」
こうして『性嚢書』は獄卒夫婦の夜の営みを一段と激しくしただけで
後世に伝えられることはなかったのであった。


│224 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 16:08:10

この獄卒は心が広いなw
しかし名医になったからといってなんで掘り放題になるんだよwwww

妻も恐ろしいwwww
>獄卒の妻「これは災いの元だわ。でも房中術は残しておきましょう」
おいwwwwこれも二人だけに伝わって、後世に伝わらなかったか…
華陀の功績ちっちぇな!wwwww

超乙です!

│225 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 17:47:28

性嚢書の中身ワロスw
医術はついでなのかよwww

乙でした!

│226 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 19:13:10

もしも尻ーズ

もし曹操が勧進帳(かんじんちょう)のような目にあったら
曹操「げえっ!関所だ!!」
荀ケ「ご安心を、わたくしめに策がございまする」
曹操「本当か!? 荀ケ!」

関守「止まれ! お主ら・・ もしや曹操一向ではあるまいな」
張遼「ははは、そんなわけないじゃないですか」
曹操「(おい荀ケ 本当に大丈夫なんだろうな)」
荀ケ「(お任せあれ)」
関守「怪しいな・・」
荀ケ「貴様! 貴様の竿が短小曹操めに似ているせいで曹操一行に間違えられたではないか! 我が竿を食らえっ!」
曹操「ぎゃぁぁっ! しっ尻が裂けるうっ!?」
張遼「まったくだ! あのような短小曹操など誰が仕えるか! このような侮辱など許せぬ! しかし関守を掘るわけにはいかぬ! だからお前を掘る!」
曹操「ぎゃぁぁっ! にっ二本も挿さないでぇっ!?」
曹仁「殿・・申し訳ございませぬ・・ うおおおおーっ!」
曹操「お前掘る気満々じゃねぇか! ぎゃぁぁっ! 裂ける! 裂けるうっ!!」
荀ケ「関守殿、これでもこやつが曹操に見えまするか」
関守「いや・・」
荀ケ「なんですと! まだこやつが曹操だと! こやつめ! こやつめ!」
荀ケは持っていた杖で曹操の尻を叩き始めた
曹操「痛いっ!痛いーっ!!」
関守「どうやらお主らは曹操一行ではないようだ、通っていいぞ」
荀ケ「どうやらまだ曹操ではないと信じてもらえぬようですな・・ ならばこの杖を尻に挿しましょう!」
曹操「ちょっ! もう曹操じゃないっていってるだろうが! いぎぃぃっ! 裂ける!裂けちゃう!」
関守「かわいそうだろ! いい加減やめてやれよ! ってか早く行け! 他の奴が迷惑だろうが!」

こうして曹操一行は窮地を脱したのだ

│227 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 19:27:37

まともなのが看守と曹操しかいないとはwwwwwwwww

│228 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 20:28:09

>>222
セクハラ医師のハシリだったわけかwwwwwwwww

│229 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 21:03:22

>>226
ひどすぎるwwwwwwwwwww

│230 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 23:31:22

>>226
曹操テラカワイソスwwwwwwwwwwwwww

│231 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/06(土) 01:01:36

かなり遅レスだが、昨日>>161の元ネタを観てみた。
ヤクルト吹いちまったじゃねーかww

最近このスレ知ったばかりなんだが、見るたびに腹抱えて笑わせてもらってるわwww

みんなまとめてGJ!


│232 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/06(土) 15:55:09

>>226
なんかもういろいろと無茶苦茶でテラワロスwwww

年始から職人さんがたくさん来てくれて嬉しいなぁ。皆さん乙です!

│233 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/06(土) 23:25:44

>>226
さりげなく関守がいい奴www

│234 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/08(月) 13:14:06

さて、三国志といえば最初のほうの話になるが”どうやって貧乏だった劉備が義勇軍の武器兵糧を揃えたか”という謎が残っている
ではどうやって集めたか、見てみよう

商人「うーむ、売れた売れた 今日もがっぽりもうけたな」
劉備「ちょっと賊ども倒してくるから金貸してくれ」
商人「ハァ? お前何言って・・ぎゃぁぁっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
張飛「兄貴! ありましたぜ!」
関羽「これだけあれば十分でしょう」
劉備「よっしゃ! ずらかれ!」
商人「ま、待て〜!」


ちなみに曹操は・・
曹操「わしは賊を倒すために兵や金が必要だ! だからカンパしてくれ」
町人A「よし、わかった その代わり・・ お前の尻を掘らせろ!」
曹操「なっ何を・・ぎゃぁぁっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
町人A「うわ! こいつの尻すげぇ!」
町人B「何ッ!? おお!ホントにすげぇ!」
曹操「ひぃぃっ!二本挿しとか!痛い痛い!」
町人C「俺は受け専用なんだ・・ うわ、こいつ無い!」
曹操「あるわボケ! 失礼な!」
町人A「お前もこいつの尻に入れてみろ」
町人C「俺は受け専用なんだぜ」
町人B「いいから挿れてみろって」
曹操「三本とか無理! 三本とか無理!!」
町人C「おおっ! 受け専用の俺をイカすなんて・・ ・・・悔しいっ」ビクビクッ

こうして曹操の尻目当ての兵が集まり、曹操の尻に感動した金持ちが大量のカンパをしてくれたおかげで曹操は挙兵できた

│235 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/08(月) 15:29:02

>>234
ひどいwwww
てか劉備に襲われた商人は盗られるわ掘られるわ曹操並に悲惨だなww

│236 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/08(月) 17:29:52

曹操はいいとして、劉備は法に触れてるだろwwwww
曹操はまさに身売りw

│237 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/09(火) 17:34:49

黄蓋「なにぃ? こんどは便所ぉ?
   おまえおれを肥やしとまちがえてんじゃねえのか!?」
兵士「しーましぇーん!!」

│238 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/01/10(水) 07:41:04

周瑜「嬉しいこと言ってくれるじゃないの
   俺は三代仕えた忠臣だって平気で鞭打っちまう提督なんだぜ?」

│239 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/11(木) 12:15:01

七歩の尻

曹操の後を継いだ曹丕は自身の地位を固めるために曹植の力を削ごうと考えた。
そのため曹植が曹操の葬式に出席しなかったことを咎めて捕らえたのであった。
曹丕「曹植、貴様は父の葬式に出席せずその間酒色男色三昧、
   さらには女色にすらふけっておったと聞いたぞ。
   本来なら死罪に値するが母上の助命があったので機会をくれてやろう。
   父が愛した貴様の才能、尻の才を披露してみろ。
   七歩のうちにわしをイカせることができれば命は助けてやる。ふんふんっ!」
曹植「あれ?なんか入ってきた。しかし、お安い御用だ。それっ!」
曹丕「アーッ!イグッ!」
曹丕は七歩どころか曹植の一歩目でイってしまった。
曹植「兄上、早いですな」
曹丕「うるさーい!これだけで助かったと思うなよ。
   次はわしのイったすぐ後の竿を今すぐにみなぎらせてみせよ」
曹植「それもお安い御用だ。ふんふんっ!」 
曹丕「ぎゃあぁっ!わしの尻にいれるなぁぁぁっ!早く抜けぇぇっ!」 
曹植「嘘をおっしゃるな。こんなに股の竿を硬くなさって」
曹丕「さ、さすらないでぇ。イグッ!」
曹丕はまたもやイってしまった。
曹丕「くそっ、約束は約束だ。命だけは助けてやる。今後は余の臣として仕えよ」
曹植「いつでもお相手しますぞ」
曹丕「早くうせろ!」
こうして曹植は許されて魏王宮を去っていった。
賈ク「短小の次は早漏かよ」

│240 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/11(木) 20:31:44

早漏ワロスwwww
曹家はどうしようもないww

│241 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/11(木) 21:51:48

曹ヒは紛れも無く曹操の息子だなwwww
曹植はよその子疑惑がwwwww
で、カク、お前という奴はw

│242 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/11(木) 22:01:46

そんなことないよ!
曹植たんの名尻は曹操譲りだよwww

│243 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/12(金) 17:21:28

曹家の血

曹叡、曹丕の息子である。だが、母の甄皇后は男色にふけった曹丕にうらみごとを述べたため
死罪を申しつけられ新たな皇后が立てられていた。そのため、曹叡の立場は非常に微妙であった。
(ちなみに今の郭皇后は女装の似合う男である、当然曹丕との間に子はない)
また甄皇后は曹丕の妻になる前は袁紹の次男袁煕の妻であったため、曹丕は曹叡のことを
自分の子ではないのではないかと疑っていた。
曹丕「(曹叡は子供の頃に見たとはいえ別に短小でもないし、年頃になったので色事にも
     ふけっているだろうに早漏といううわさも聞かない。本当に朕の子か?)」
そんな微妙な関係の親子はある日宴で同席した。


│244 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/12(金) 17:22:06

曹丕「ふんふんっ!」
孟達「い、痛いぃぃっ!裂けるぅぅっ!」
曹丕「嘘を言うな。股の竿を硬くしおって。アーッ!イグ!」
しかし曹叡は隅で酒を飲むだけであった。
曹丕「ほれおまえも掘らんか」
曹叡「結構です」
曹丕「なぜじゃ?男色もたしなまずに朕の跡を継げると思っているのか。
    力づくでも掘らせてやるわ!」
曹丕は曹叡の服をむりやり剥ぎ取った
曹丕「な、なんとこれは!」
曹丕は曹叡がなぜ尻を掘らなかったのか合点がいった。
曹丕「元仲、おぬし包茎だったのか。しかもこれは真性ではないか」
曹叡「み、見ないでください陛下」
曹丕「早漏のうわさを聞かなかったのはこのためか。やりたくてもやれなかったのか。
    朕は父として今の今まで知らなかった。すまぬ」
曹叡「陛下、どうかお気になさらずに」
曹丕「いや、今まで冷たくして悪かった。おぬしは朕の息子じゃ。正真正銘曹家の血を引く者だ」
以後、曹叡は太子として遇され、曹丕亡き後皇帝の位についた。
包茎は治らなかったがそれゆえ色に狂うことなく皇帝の職務に励んだ。
そのため名君として称えられたのであった。
曹操、曹丕、曹叡この三人は己の性的コンプレックスに悩んだがその逆境に腐ることなく、
乱世に見事に曹家の栄華をもたらしたのであった。そしてその栄華に終わりはみえなかった


│245 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/12(金) 17:22:49

かのようにみえたのであったが、
司馬懿「陛下、蜀軍の捕虜に陛下の悩みを解決することのできる男がおりました」
曹叡「朕の悩みをだと?」
司馬懿「陛下、亡き孔明の知略でしょうか。蜀には包茎を治す術があるのです。
     その術を心得た男を連れてきました。ほれ陛下の面前だ。ご挨拶しろ」
蜀の男「陛下、ごきげんうるわしゅう。私は包茎を治す術を心得ております。
     蜀では劉禅様も包茎に悩んでおられましたがこの術で治りました」
曹叡「なんと!そのような術があるのか。では朕にもさっそく頼む」
蜀の男「かしこまりました。では参りますぞ。」
曹叡「アーッ!」
男は曹叡の竿をしゃぶり始めた。
曹叡「こ、これは何だ。こんなことで包茎が治るのか?」
司馬懿「陛下、これを三日三晩続ければ包茎は治るのです。それまでのご辛抱です」
曹叡「そ、そうか。よろしく頼むぞ」
蜀の男「モゴモゴ(く、くせえ)」


│246 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/12(金) 17:23:46

そして時が過ぎた。
蜀の男「ぶはぁっ(やっと解放された)」
司馬懿「陛下、竿はどうなっておられますか?」
曹叡「おおっ!朕の竿が!」
司馬懿「剥けておられますな」
曹叡「よっしゃあぁぁぁ!これで掘りまくれるぜぇぇぃ!ふんふんっ!」
司馬懿「ぎゃあぁ!陛下。さ、裂けるぅぅ!」
曹叡「嘘を言うな。股の竿を硬くしおって」
曹叡は今までの鬱憤を晴らすかのように新宮殿を造営し、自分好みの男をだれかれかまわず召し上げた。
その浪費はたちまち魏の財政を悪化させた。
曹叡の評判は地に落ちた。
司馬懿「くそぅ、いきなり尻を掘りやがって、まだ痛みが残るわ。
     こうなれば民のためにわしがこの国を治めねばなるまい」
司馬懿は己の野望をひそかに燃やした。
晋王朝の萌芽が今まさに生まれようとしていたのであった。

〜完〜


│247 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/12(金) 22:15:48

GJ!!!!!!
すげー上手いwwwwwww
曹家萌えるwwww

│248 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 05:37:09

>ちなみに今の郭皇后は女装の似合う男である
おいwwwwww
しかしこんな理由で親子が和解するとはwww感動していいものかどうなのかwww
孟達は掘られるのが好きだったんだろうな…曹ヒの代には掘られてたけど、曹叡の代になって…w

早朝から死ぬほど笑わせてもらいましたw


│249 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 07:04:21

曹家は曹騰の代からコンプレックスの塊だからなぁwww
この後、クーデターを起こした司馬懿が曹爽に
「しゃぶれよ」「しゃぶれば米を頂けるんですね?」な展開が……w

│250 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 09:48:25

>>249
では司馬懿のクーデターで一席

蜀との戦で名を上げた30歳以上年上の司馬懿の家へ。
そしたら召使に「これを持って会って欲しい」と言われて、道士というか、
仙人が持っているような白羽扇を持たされ、頭巾をかぶせられた。向こうは全裸。
まあこんなのもたまにはいいか、と会話してたら、オジイサンが喘ぎ声の中、喋りだした。
「お、おにいちゃん…お、おかえりなさい…た、大勝だった?ねえ大勝だった??」
…オレは突然の、しかも想定の範囲を超えた発言にポカーンとしてしまった。
オジイサンは素に戻って、「…返事して欲しい」と恥ずかしそうにオレに言った。
会話再開。・・・耳とか体中をいたわるように話す。
「お、おにいちゃん、大勝だった?」
「ああ、大勝だったよ」
「あぁぁぁあぁすごいいいぃいぃ!、、ど、どこに、、ハァハァどこに勝ったの?」
オレは薬をこぼさないように飲ませながら答えた。
「…呉とか、、、公孫淵にいっぱい勝ったよ」
発言を聞き、オジイサンはびくんびくんと身体をひきつらせた
「はっ!はぁぁぁあんっ!こ、孔明は?孔明には、か、勝ったの??」 半回転する首をしごく
「ああ。神算鬼謀の孔明に勝ったよ。今年一番の大勝だ。」
「大勝っ!!孔明ぃぃ!!おにいちゃんかっこいいいいぃぃぃい ぃくううううう!」

李勝「実話です。。きっと孔明との戦いのときの記憶とか、淡い恋心とかが
   あったんだろうなあ、といろんなことを考えさせられた一夜でした。」
曹爽「はっはっはっ!司馬懿ももうろくしたな。もう恐れるに足らん」
だがこれは司馬懿の策略であった。
曹爽が油断して皇帝のお供で都を離れた隙に司馬懿は挙兵して都を押さえ曹爽とその一族を捕らえた。
曹爽は司馬懿に散々もてあそばされた挙句、謀反の疑いをかけられ殺されてしまった。


│251 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 09:55:49

>>250
ちょw
曹爽の価値観が分からんw俺は絶対怯えるぞ、これはwwwww
>半回転する首をしごく
こえぇぇww

│252 名前: 249 [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 12:18:38

ちょwwwwwwwありがとうwwwwwww
さすが曹家三代に仕えた司馬懿はあなどれなさすぎwwwwwww
>曹爽は司馬懿に散々もてあそばされた挙句
このへんが怖EEEEEEEEEEEEEEEEEwwwwwwww

│253 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2007/01/13(土) 20:43:11

すげぇぇぇぇwww

250さんのタイトルを誰かお願いできませんか。

│254 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2007/01/16(火) 23:25:33

もしかしてわしスレッドストッパーですかor2

とりあえず司馬懿の策略ってことでupしておきます。
職人様方、他の方々すみませんでしたor2゛

│255 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/17(水) 00:53:57

そんなことないっすよ
まとめサイト作って貰うときに、皆でタイトル考えると約束したし。

最近、板全体の人が減ってると思う…あとアク禁厳し杉

│256 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/17(水) 20:02:04

ワシは最近長文書いてる暇がなくて…
某戦国SLGにハマってしまって睡眠不足

│257 名前: 無名武将@お腹せっぷく [三国志の人物って変換しにくいんですよね] 投稿日: 2007/01/17(水) 21:34:05

曹操と梅の木

兵士A「あー、暑いー」
兵士B「竿が乾いたー」
夏侯淵「殿、兵士達があまりの乾きに竿が乾いてしまったようです」
曹操「知るかんなもん!」
夏侯淵「かくいうわしも・・ もう我慢できませぬ!」
曹操「ぎゃぁぁっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
夏侯淵は曹操の尻を掘り始めた
曹操「もう少しいけば梅の木がある! 梅でも掘ってろよ!」
夏侯淵「あんなの掘ったら痛いに決まってんでしょーが!」
そりゃそうだ
曹操「違う!今の間違え! 桃が!桃があるから! もうちょっと行ったところで桃の木があるから桃を掘れ!」
それを聞き兵士達は
兵士A「これで竿の渇きが満たされる・・」

ちなみに、水場にはたどり着いたが桃の木は無かったため
兵士B「では殿の尻でこの竿の乾きを満たしてもらいましょうか!」
曹操「ぎゃぁぁっ!しっ尻が裂けるうっ!?」

教訓:適当なことをいってその場しのぎをしてると大変なことになるよ

│258 名前: 250 [sage] 投稿日: 2007/01/17(水) 21:35:26

>>254
すいません。いろいろ気を使わせちゃいました。


│259 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/17(水) 23:21:34

>そりゃそうだ
うん、そりゃそうだwなぜかこれがツボに入ったw
桃ならほれるというこいつらが凄いw

│260 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/17(水) 23:49:30

梅林キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
これで曹操尻ネタ見てみたいと思ってたから嬉しいwww
てかやっぱり魏軍アホスwwwww

│261 名前: 花見 ◆eztvdfav.w [sage] 投稿日: 2007/01/18(木) 03:14:05

>250
いえこちらこそ皆様にお気を遣わせてしまってすいませんでした。

お詫びに尻でも振る舞おうと思ったんですが多分要らないと思います
ので隠しておきます。

代わりに我をあがめ奉るがよい!
……嘘です、言ってみたかっただけです。

ところでしつこくオフ会ですが、2月中に開催するとして
行くぜ、この日がいいぜ! なメールをお待ちしております。
更にしつこいですが私含め4名以上集まらない場合は開催しませんw
shoot_matomeあっとまーくyahoo.co.jp
までお気軽に。

│262 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/19(金) 21:43:34

関東勢が多くいるかどうか…ですな!ウホッ!

│263 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/01/22(月) 00:13:02

長坂の戦い〜阿斗の強運の伝説〜

阿斗を尻の穴に保護し、曹操軍の中をひたすら駆ける趙雲。
多くの将が趙雲を捕えようとしたが、趙雲のとんでもない性欲の前に尻の穴を広げられるばかりであった。

趙雲「ウホッ!単騎駆けっていいもんだな!あっちからどんどん将が来てくれて掘り放題だぜ!
   しかも尻の穴の阿斗様が勇気付けてくれるせいか、竿が普段よりカチカチだ!」
もちろん阿斗が勇気つけてるわけではなく、前立腺を刺激している為である。
余談だが、前立腺の存在及び刺激法は、名医華陀の記した性嚢書に記されていたそうである。

さて、そんな趙雲の前に一人の将が立ちはだかった。
張コウ「趙雲、お主張コウを知らんや!?お前の尻を掘るのはわしだ!!」
趙雲「ウホッ!張コウか!汝南ではうまく逃げられたが、今度こそ尻の髄まで掘りまくってくれるわ!」
張コウ「ほざけ、趙雲!貴様の尻及び、尻の中の阿斗の尻にまで突っ込んでくれる!
    同時に二つの穴を貫くなんてなかなかできないぜ!これは楽しみだ!」
趙雲「わしの尻はともかく、阿斗様の尻は我らの物じゃ!劉備様に仕えてる者だけの特権を渡してなるものか!」
張コウ「そう聞くと尚更掘りたくなって来たわ、喰らえ、貴様の為に編み出した秘技を!」
張コウは見たこともない装備をしていた。
ゴム紐の片方の端を自分の腰に、そしてもう片方を馬の鞍に付けていたのである。
趙雲「何それ?ゴムで巻き殺そうとかそういうの?」
張コウ「違うわい!尻を掘らずに殺してなんとするか!しっかりとその目に焼き付けろ、この秘技を!」

続く

│264 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 00:14:11

続き
そう、それはまさに秘技だった…馬の鞍を中心に回転したり、飛び掛っては戻っていったり、とにかくせわしなく動くのである。
趙雲「おお、右か!?うぉ!?と見せかけて回転して左か!?な、上からだとぉーッ!?」
さしもの趙雲もあまりの動きに惑わされ、徐々に追い詰められていった…
趙雲「不覚!まさかこのような秘技を会得していた輩がいるとは…
   体の動きもさることながら、体とは別に独立して動く竿の動きが気になって仕方ない!」
張コウ「ふっふっふ…さすがは趙雲、それに気付くとはな。そうだ、この物理法則に反して動く竿で貴様を惑わしているのだ!
    さあ観念して尻を出せ!」
趙雲「ここは退かねばなるまい…!」
踵を返し、逃げようとする趙雲。だが運の悪い事に馬が足を取られ転倒、そこにあった土壁に叩きつけられるのであった。
張コウ「好機!観念しろ、趙雲!」
鞍から飛び掛る張コウ!
趙雲「うぉ!危ない!」
間一髪それをかわす趙雲。そして…
張コウ「ああ、土壁に竿が!?」
そう、粘土でできた土壁に張コウがささったのである。
張コウ「おのれ、悪運の強い奴!だが次の一撃で決める…!」
そういって腰を動かし抜こうとした張コウ。
張コウ「く…ッ!粘土が絡み付いてなかなか抜けん…フンッ!フンフンッ!
    ア…ッ?!粘土の締め付けが、き、気持ちよくて癖になる…フンフンフンッ!」
粘土の感触の虜になる張コウ。
趙雲「え?そんなにいいの?」
張コウ「す、凄いよこれ!フンッ!本当に!堪らん!フンフンッ!」
趙雲「んじゃ某も…」
だが粘土が露出している部分は張コウが塞いでしまっており、他は固そうな砂利ばかりであった…

続く

│265 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 00:15:03

続き

趙雲「どけよ。」
張コウ「やだよ。フンッ!フンフンッ!」
趙雲「どけって!」
張コウ「もういいからさっさとどっか逃げろよ!フンフンッ!」
趙雲「こいつ、マジムカついた!」
そう言うと趙雲は張コウに尻に竿をねじ込んだ!
趙雲「おらぁ!場所変われぇぇぇぇ!」
張コウ「ギャァァァァァッ!す、凄い、前は粘土が、後ろから竿がーーーッ!」
趙雲「き、気持ちよがってるんじゃないよ!キモい!さっさと場所変われええええ!」
張コウ「もっとぉー!もっとぉおぉぉーーー!お前の腰の動きが俺の竿に伝わって、粘土が、粘土がーーー!」
趙雲「き、キメえええええっ!死ね!いや、死ぬ前にそこからどけ!!フンフンフンフンッ!」
張コウ「アーーーーーッ!!!!」
趙雲が怒りに任せ腰を激しく動かすと、張コウは竿と土壁に空いた穴から白濁した液体を飛び散らせながら
どうっと後ろに倒れたのであった。そして趙雲はこの白濁液を全身に浴びたのであった。
後の人はこう言い伝えたという。

阿斗は皇帝になるべき運命を背負った人間、あの白濁液が趙雲にかかったのは皇帝の運命が起こした奇跡であった。
あの白濁液が趙雲にかかることがなければ、趙雲は土壁に夢中になり、阿斗と趙雲は曹操軍の竿にかかってしまったであろう…と

実際白濁液を全身に浴びた趙雲はかなり興醒めになってしまっていた。
ついでにせっかくの土壁の穴も白濁液まみれ、気持ち悪くて入れる気も起きず、一人悄然と自軍を目指したという。

趙雲「さっさと安全なとこいって阿斗さまで口直しでもするか。」
                       〜完〜

│266 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 00:19:30

>趙雲「どけよ。」


逃 げ ろ よ www

│267 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:02:45

陶謙の最期

193年、曹操の父、曹嵩が曹操の下に身を寄せるため、陶謙の領内を通行した。
このとき陶謙は曹操と親交を深めるためのいい機会だと思い、曹嵩に自身の兵を向かわせ護衛をさせた。
しかし名尻と名高い曹操の父である曹嵩もなかなかの尻を持っていたことは周知の事実。
尻に目がくらんだ陶謙配下の張闓一行は曹嵩、その他一族を全員掘り殺してしまった。
やっと親孝行が出来ると思っていた矢先のこの出来事に、曹操は激怒して徐州に攻め入った。
このとき曹操軍は徐州の民、主に男を無差別に掘った。
ついに進退窮まったそのとき、呂布・陳宮らが叛意を翻し曹操の領内を脅かしたきたため陶謙の命は助かった。
だがその時の心労のためか、翌年ついに陶謙は死の淵に…。

│268 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:03:18

「劉備殿……頼みます」
自分の息子たちの不出来であるがゆえに、陶謙は徐州を劉備に託そうと何度も頭を下げる。
しかし当の劉備はそれに対して色よい返事をすることはなかった。
「たかが客将の分際で……」
受けた恩をあだで返すような真似だけはしたくない。
だが日に日に弱っていく陶謙の姿を見て劉備もさすがに気の毒になってきた。
「劉備殿、頼みまする。愚息たちにこの徐州を任せることは出来ませぬ。しかし劉備殿ならば……」
仰向けになり寝そべっている陶謙の震える手。
劉備はこの老人が不憫に思えてならない。
(このまま逝かせるくらいならば、いっそ形だけでも安心させてあげるのがせめてもの恩返しなのかもしれぬ)
ついに劉備は決心し、
「わかりました。この私に出来ることは限られていますが、尽力させていただきましょう」
と返事した。
その言葉をきいた陶謙は穏やかな笑みを浮かべ、涙を流しながら起き上がる。
「そうですか……やっと、やっと劉備殿の尻がいただけるのですね!!」
先程までの弱った陶謙は何処へいったのか、体中に気が満ち溢れたかのように陶謙の顔は晴れやかだ。
「ふんっ!ふんっ!どれだけこの日を待ったことか!」
困惑する劉備を構わずに準備体操を始める陶謙。

│269 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:03:51

「と、陶謙殿……?いったいどういう…?」
「そうか、劉備殿は知らなかったのか。この徐州の掟でな……新たに州牧となる男は前任の男から精を分けてもらわねばならぬのだ!」
言うや否や、陶謙は着衣を取っていく。
「そ、そんな……ひぃ!?」
これが60を超える男の腕だろうか。
陶謙は劉備の身体を後ろから抱きしめ、逃げられないようにしっかりと押さえる。
「ふふふ、劉備殿。中山靖王劉勝の流れを持つ皇族の尻は一体どういうものなのかのう……ふんっ!」
「ぎゃあぁあぁっ!?ふ、服の上から!?」
興奮した陶謙は、劉備の着衣の上から竿を突っ込む。
「むほほ、布がこすれてこれもなかなかよいではないか!」
尻の感触以外に先端に触れる少し痛いくらいの刺激が陶謙を存分に酔わせる。
「ちょ、と、陶謙殿!!痛い、ぎゃあああ!!!!!!」
「おほっさすがは劉備殿だ。なかなかの締め付け…しかし、これは」
物足りないな、と陶謙は思った。
豪傑と名高い関羽、張飛を義弟に従えるほどの男がこんなものなのだろうか。
桃園での一件は有名であるが、やはり噂というものは多少脚色されて広まるものなのだろう。
「はあ、劉備殿、そろそろいきますぞ…」
なんだかがっかりした陶謙は一気にやる気をなくし、己の動きに没頭する。

│270 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:04:53

一方、劉備はというと…。
(な、なんで私ばかりこんな目に遭わなければならないのだ……)
もう死にかけの老人にまで掘られる自分自身を呪っていた。
体力的には自分の方が勝っているのに組み敷かれて蹂躙されるこの屈辱。
劉備はこのまま死んでしまおうかとまで思いつめていた。
陶謙はそんな劉備の心中を知るはずもなく、
「あー、劉備殿?そろそろいきますぞ、ふんっ!ふんふんっ!」
とさらに動きを早める。
「ひ、ひぃぃ!?切れてる、切れてるってー!!」
尻が度重なる摩擦で擦り切れ、血を流しているのが分かる。
「陶謙殿!もう勘弁してくだされ!」
「劉備殿、この程度で音を上げるとは失望しましたぞ!フンフンッ!」
「あひぃん!」
(悪夢だ……)
劉備は、この現実を受け止めることが出来ず、目を閉じて心を閉ざす。
早く終わることだけを願って…。
そのとき、劉備の脳内にある声が響く。
(力が欲しいか…)
前に聞いたことがある声。
(力が欲しいのなら)
劉備は朦朧とする意識の中それに答える。
(くれてやる!)
「ああああああ!!!!!!」
「のわっ!?なんじゃ!?」
人形のようにがっくりとうなだれ、声を上げることもなくただ身を任せていた劉備が突然雄叫びを上げたため、陶謙は驚いた。

│271 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:05:29

「あー、びっくりした。劉備殿、いきなり驚かさないで……」
ふと目を下にやると、劉備の姿がどこにもない。
「き、消え……」
目を離したのはほんの刹那。
だがその一瞬で劉備はどこかに消えてしまった。
「…てない?ウソ!?」
背後に目をやると、いつの間にか劉備が自分の尻に竿を当てているではないか。
「ほう、攻守交替というわけか。だが劉備殿…ワシを満足させることが貴殿には……アッー!」
たった一度の突きで陶謙は絶頂を迎えた。
全身に電撃が走るような衝撃を受けたのだ。
(な、なんだこの肉棒は……今まで味わったことがない感触だ!)
60年生きてきたことから多少は陶謙も尻には自信を持っていた。
しかしこうも簡単にいかされてしまうとは。
「ふははは!陶謙殿!だらしがないですぞ。夜はまだまだこれからフンフン!」
「うっ、ぐっ!」
続いてやってきたのは苦痛。
信じられないことに、劉備の竿は人間ではありえないほどの熱を持っていた。
焼鏝のようなものが己の中を行きかう刺激。
陶謙は苦痛に顔を歪ませながらも、何とか耐える。
「ほほう、なかなかの尻ですね。だがこれでも耐えられますかな?」
そう言って劉備は陶謙の竿を高速でしごきはじめる。

│272 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 14:06:05

「んふぅ!や、やめてくだされ劉備殿ぉ!!」
「そうれ!そうれ!」
「ぎゃあああ!!犯されてるアタシ――ッ!!」
思わず口調がオカマっぽくなってしまうほど劉備の肉棒は素晴らしかった。
「そろそろ…いきますぞフンッ!」
「ひいぃぃぃ!!入ってくるぅ!」
そして今までのしきたりとは逆に、新任が前任の州牧に精を注ぐ形となった。
「ふははは!徐州刺史など恐れるに足らず!」
嘲笑をあびせられているのに、なぜか陶謙は幸せそうだった。

翌日。
昨日の無理な運動がたたったのかついに陶謙にお迎えが来たようだ。
「劉備殿……あとは頼みますぞ……イテテ」
最後の最後まで尻を押さえながら、陶謙は逝った。
劉備は陶謙の死に涙を流しながらも決意した。
これからこの徐州を守っていこうと。
「関羽、張飛……これから忙しくなるぞ。力を貸してくれ…」
傍らにたつ二人に声をかける。
「は、はいぃ!」
張飛が上ずった情けない声で返事をする。
「どうした?張飛。変な声を上げて……」
陶謙の死因を知った張飛はあの桃園でのことを思い出し、恐怖で体の震えが止まらなかった。
一方、関羽は誰にも聞こえないようなほどの小さな声で、
「うらやましい……」
と陶謙の尻を見ながら呟いた。



│273 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 19:39:31

ARMS使いの劉備ワロスwwwwwwwwww

│274 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/22(月) 20:13:08

腹イテェwwww
陶謙の死因は劉備だなwww
ついでに関羽はド変態確定!


│275 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/23(火) 00:20:09

>>263-265
張コウ三回氏ぬんだから大変だねwwww乙wwwww

>>267-272
>準備体操を始める陶謙
なんかここがツボったwwwww

│276 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/23(火) 11:12:10

オィッチニーサンシーフンフンサンシーって感じかww

│277 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/01/23(火) 18:08:09

http://2ich.dip.jp/warhis/index.html
危急存亡の秋用避難所。

│278 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [] 投稿日: 2007/01/26(金) 20:39:11

過疎か…age

│279 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 01:00:42

りゅうび かんう ちょうひ のさんにんは
たみのために いま たちあがった
おとこたちの あついものがたりが いま はじまる!

りゅうび:ところで まずはなにをすればいいのだ?
かんう:せいきの かんぐんのもとに ぎゆうへいとして えんぐんにいきましょう

│280 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 01:02:09

ちょうひ:ようし やってやるぜ

こうして りゅうびたちは かんぐんのもとに むかった

りゅうび:ところで かんぐんとは なんだ?
んう:くにの せいしきな へいしです
ちょうひ:たしか せいしきなへいしは すきなだけしりをほって いいんだよな
りゅうび:なんと! わたしたちも はやく まいろう!

えらそうなおとこ:ほう ぎゆうへいとな
りゅうび:はい わたしたちも くにのために がんばります
えらそうなおとこ:そうか では きたいしておるぞ

│281 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 01:05:15

りゅうび:それでは まずは あなたのしりから いただくとします
えらそうなおとこ:これ なにをする やめんか
りゅうび:かんう ちょうひ やってしまえ!
ちょうひ:おう まってたぜ ふんふん!
かんう:それがしも まいりますぞ ふんふん!
えらそうなおとこ:いたい いたい うごかないで
りゅうび:うそをつくな こんなに かたくしおって
えらそうなおとこ:あひっ もうかんべんしてください
ちょうひ:ははは いくぞ
かんう:それがしも でます
えらそうなおとこ:あひい もうやめて あっー!


こうして りゅうびたちは かんぐんのもとに
はいりこむことにせいこうした

│282 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 04:30:36

初めて見たけど、ここの職人神過ぎるな


│283 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 07:47:33

えらそうなおとこ が誰か気になるwwwww

1.朱儁 2.皇甫嵩 3.盧植 4.董卓 5.曹操

│284 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/01/30(火) 18:28:18

>>283
スレタイどおりに5番をプッシュ!

│285 名前: sleepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/01/31(水) 00:10:38

横山ファンな俺は董卓で!


しかしアレだ。天地を喰らうを思い出しながら読んでたら

>ちょうひ:たしか せいしきなへいしは すきなだけしりをほって いいんだよな

ここでミルクティ吹いた。

│286 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 02:53:26

ミルクティを吹くスリプにうかつにも萌えた

│287 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 11:57:32

竿先ミルクティー

│288 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 20:47:01

張飛の最後

張飛「お前ら兄貴の弔い合戦だ。さっさと支度しろ」
張飛は劉備が関羽の弔い合戦をするというのでその準備に取り掛かっていた。
范彊「将軍。しかし、合戦をするには物資が少し足りません」
張達「私もそう思います。今はじっくり力を溜めるべきです」
范彊と張達はそろって張飛の命令に異を唱えた。
張飛「貴様ら、兄貴の弔い合戦だぞ。今すぐにでもかからねばならんのだ。
   それに反対しやがるとはこうしてくれる。ふんふんっ!ふんふんっ!」
范彊・張達「ぎゃあぁっ!」
張飛は器用に竿だけでなくこけしも使って二人を掘り始めた。
范彊・張達「将軍、抜いてぇっ、抜いてぇぇっ!」
張飛「嘘を言うな。二人とも竿を固くしおって」
二人を掘って満足したのか張飛は二人を放り出した。
張飛「戦の準備をしておけ。俺様の蛇矛さえあれば孫権なぞひとひねりだぜ」 
その夜、
范彊「おい、俺はもう張飛には付き合いきれん。逃げちまおうぜ」
張達「でもよう、逃げるといったってどこにいくんだよ」
范彊「よし、こうなったら張飛の首を持っていこう。そうすりゃいいだろ」
張達「なに言ってるんだ。そんなことできるのかよ」
范彊「うるせえ、あんだけ掘られたんだ。逆に掘り返してやってやるよ」
二人は張飛の寝室に忍び足で入っていき、布団をとっぱらった。
だが張飛の竿はすでに臨戦態勢をとっていた。

│289 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 20:47:35

范彊「ひえぇぇっ!、将軍悪うございました、ってあれ?」
張飛「ムニャムニャ、ふんふんっ!兄貴、竿を硬くしおって。孔明も我慢しきれないようだな」
どうやら張飛は夢の中で劉備や孔明を掘っているらしい。
范彊「脅かせやがって、よし掘るぞ」
二人は張飛を四つんばいにした。そのとき張飛が目を開けた。
張飛「貴様ら何だ。俺の蛇矛が忘れられないのか。二人そろって好き者だな」
范彊「うるせえ、さんざん掘られたんだ。掘り返してやる。ふんふんっ!」
張飛「ぎゃあぁっ!貴様ら俺を誰だと思っているんだ。この痛み何倍にも返してやるぞ」
張達「あわわわっ」
張飛「わしの蛇矛の・・・。アーッ!あひぃあにきぃもっとください」
范彊「ふんふんっ?」
なんと張飛は長年劉備や孔明に掘られ続けていたせいで
掘られるととたんに従順になる特異体質になっていたのだった。
范彊「ええかええのんか?」
張飛「さ、さすらないでぇっ!」
范彊「張達お前も掘っちゃえよ」
張達「お、おう。ふんふんっ!」
張飛「裂けるぅぅっ。ぬ、抜いてぇぇぇっ!」
張達「嘘を言うな。股の蛇矛を固くしおって」
一晩張飛をじっくり味わいつくした二人は疲れきった張飛の首を取って呉に逃げていった。
そして死ぬ前に掘られる喜びを味わいつくした張飛は
亡霊となってもなお竿を求めて人々の前に現れたという。
死してもなお竿を求める張飛の姿は『笑府』によって現在に伝えられている。

終わり


│290 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 22:02:38

ちょwww
夢の中では掘りまくっててjも、現実では孔明と劉備の肉奴隷かよwwww
哀れな張飛…けど幸せの中逝ったみたいだな。
最期の幸せが忘れれずに亡霊になる張飛がwwwww


笑府の話って、絶世の美女(名前忘れた)のドクロを供養→その晩ギシアン
隣のとこが真似してドクロを供養→張飛とアーッ!?だっけ?

まさに竿を求める亡霊wwww

│291 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 22:54:51

このスレみて以来、三国無双の劉備を殴った時の劉備の声が
「アッー!」「アッー!」としか聞こえない・・・

│292 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/01(木) 23:42:02

>>288-289
久々の作品gj!!!
張飛wwwwww哀れwwww

>>291
俺は曹操を見るとうっかり追いかけるようになったw

│293 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/02(金) 16:14:24

>>292
堀り取ろうとして追いかけるのは「うっかり」とは言わんwww

│294 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/02(金) 17:07:43

つか、「掘り取る」「掘り取られる」って
どういう現象なんだwwwww

│295 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [] 投稿日: 2007/02/02(金) 17:37:35

>>294

  (*゚∀(*゚∀(*゚∀(*゚∀(*゚∀゚)=3
(((( (ヽヽ(ヽヽ (ヽヽ (ヽヽ (ヽヽ))))
    >  >   >   >   >_ト ̄|(;゚д゚) 

左側の5人が堀り取る方で、右端の四つん這いの男が掘り取られる方。

│296 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [] 投稿日: 2007/02/03(土) 08:08:37

掘り取るとは
攻め側が己の股竿を受け側の尻に挿入。
後は攻め側の激しい技と股竿の威力で受け側をイカせ
その儘死に至らしめる(討ち取る)という事。
掘り取られるは
攻め側に掘られてイカされ倒される事をいう。
通常、足軽が一般人などを掘ると「掘り取って」しまう。しかし中々足軽クラスでは武将を掘り取るのは至難の業。
が武将クラスまで成長すると、足軽〜一般人のみならず
比較的弱い相手は一瞬に「掘り取る」事が出来る。
また、掘られる経験が多いので中々「掘り取られる」事が無くなり生き残る事が出来る。
更に上級受け武将になると、逆に掘ってきた攻め側の股竿をへし折って討ち取る事まで出来る様になる。

│297 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 13:07:05

董卓暗殺計画

黄巾の乱の後、洛陽では西涼から来た董卓が専横を極めていた。
董卓は若い頃は引き締まった体であったが今はでっぷりと太った体型で
そのガチムチっぷりに魅せられた男達で構成された軍団は
精強を誇っており誰も董卓に逆らうことはできなかった。
その董卓をどうにかしようと司徒王允の屋敷では夜な夜な密談が行われていた。
王允「董卓の横暴は目に余る。奴を除かねば漢王朝は滅んでしまうぞ」
士孫瑞「しかし、誰がやれるでしょうか」
王允「ううむ、誰か漢王朝のためにやらないか?」
男「私がやりましょう」
王允「誰じゃこいつは?」
士孫瑞「さあ?しかしいい尻をしていますな」
王允「うむ、誰かがわれらに差し入れてくれたのだろう。ではふんふんっ!」
男「ぎゃあぁぁっ!せっかくやるってのにこの仕打ちはないだろう」
士孫瑞「司徒の竿を受け入れることができるとは名誉なことだぞ」
王允はひとしきりコトを済ませると男の名を思い出した。
王允「おおっそうだ。この尻で思い出した。こやつの名は曹操だ」
曹操「やっとわかっていただけましたか」
王允「で何の用だ?」
曹操「ひどい!私が董卓を除こうというのです」
王允「おぬしが?おぬしのこの小さい竿でなにができる」
曹操「あふぅっさすらないでぇ。ですから王允様の七星ごけしをお貸し願えればと」
王允「七星ごけしだと」
七星ごけし、王允の所蔵するこけしである。星に例えられる七つのイボイボが
尻を刺激し、どんな男でも受けに目覚めさせる逸品と巷に伝えられていた。
曹操「七星ごけしで董卓を攻めて奴を受けに目覚めさせるのです」
士孫瑞「受けに目覚めさせればおとなしくなりわれらの思い通りになりますな」
王允「ふむう、その策やってみる価値はあるな。曹操おぬしにこの七星ごけしを託そう。
   では朝まで楽しもうか」
曹操「もういいじゃないですか!ぎゃぁぁっ!」


│298 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 13:07:36

翌朝曹操は王允からやっと解放されると董卓の屋敷へ向かった。
曹操「董太尉、曹操でございます」
董卓「曹操か。すこし待っておれ」
曹操「(董卓を掘るには今しかない)」
曹操は七星ごけしを取り出し、後ろを向いている董卓に近づいた。
だが董卓は鏡で曹操の不審な動きに気づいた。
董卓「曹操なにをしようというのだ?」
曹操「(気づかれた!)これを董太尉に献上しようと思いまして。
   どうぞ、七星ごけしです。」
董卓「これはいいこけしだな。すばらしい、早速試してみるか。それっ!」
曹操「ぎゃぁぁ。また掘られるのかあぁっ」
曹操は董卓に七星ごけしで攻められた。だが曹操の尻はあまたの男達の相手をしてきた尻である。
その鍛えられた尻は常人と異なり七星ごけしのとりこになることはなかった。
曹操「痛い、痛い!抜いてぇぇっ!」
董卓「ふむ、やはり本物で攻めねばな。ふんふんふんっ!」
曹操「ひぇぇっ!さ、裂けるぅぅっ」
董卓「まだ余裕がありそうだな。呂布、おぬしも混ざらんか?」
呂布「ウホッ!良いのですか。義父上。ふんふんっ」
曹操「2本!ぎゃあぁっ!」
曹操は二人に攻められ、息も絶え絶えになりながらやっと解放された。
董卓「おぬしは見所があるぞ。毎日わが屋敷に来い」
だが曹操は董卓の慰み者になるのはごめんだとばかりに、
郷里に逃げ帰り反董卓の軍を挙兵するのであった。

おわり


│299 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 13:11:42

こけしが家宝かよwwwww

王允達に悲壮感0、なんで普通に曹操の尻で楽しんでるんだよwwwww

│300 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 13:14:01

>>300ゲットだアッー!!

│301 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 13:46:19

>>298
ついに二輪差しキタ―――(゚∀゚)―――

│302 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 14:14:18

七星こけしに塩ラーメン噴いたwwwwwwww
王允ワロスwww
曹操の尻もミラクルすぎww

│303 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 14:36:30

なんだかんだで曹操って強いなw
尻が鍛えられすぎて掘り取られることがなさそうだwww

│304 名前: 294 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 18:47:12

>>295-296
出典は民明書房だなwwめちゃめちゃよく分かったwwww
戦国板のS玄公スレにも伝えたいぐらいだwww

そして曹操の尻の丈夫さに感動したwwww乱世の奸尻とはこのことかw

│305 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/03(土) 18:59:31

【治世の能吏】 曹操 【乱世の姦雄】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1163313500/l50


│306 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 00:25:29

かんとのたたかい

そうそう:よし いまから きしゅうを かけるぞ
かこうとん:いやだよ めんどくさい
そうそう:そんなこといわずに たのむよ
かこうとん:じゃあ ほらせろ
そうそう:いや ちょっと まって
かこうとん:もんどうむよう
そういうと かこうとんは はだかになった
そうそう:いたい いたい しりがさける
かこうとん:ふんふん
そうそう:いたい いたい
かこうとん:よし だすぞ
そうそう:え そんな はやすぎ あっー
かこうとん:ふう すっきりした
そうそう:もういやだ こんなぶか いらない
かこうとん:そんなこと いうなよ
そうそう:いやだ にげてやる
かこうとん:あっ まてよ このやろう
そうそうは そのばから にげだした

│307 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 00:26:43

そうそう:はあはあ なんてことだ
そうそうは かんぜんに まよってしまった
そうそう:とりあえず しこるか
じゅんうけい:なにものだ
そうそう:うわ びっくりした
じゅんうけい:おまえは そうそうだな
そうそう:ちがうよ
じゅんうけい:なんだ ちがうのか しかたないから おまえを ほろう
そうそう:え ちょっと まってよ
じゅんうけい:もんどうむよう
そうそう:うわあ たすけて たすけて
そうそうは なきさけんだ
じゅんうけい:うわ なんだこいつのしりは さおがおれてしまう
そうそう:いたい いたい
じゅんうけい:あっー さおがおれてしまった
そうそう:しくしく
じゅんうけい:これでは いきていけない しのう
こうして そうそうは きしゅうを せいこうさせた

│308 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 08:01:28

306-307
なにこの官渡wwwwwwwww
曹操の尻はやっぱりすごいw

│309 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 11:49:24

いやむしろ何気に竿へし折り技能を習得している点。

ハイ、ここ二次試験出ますからチェックです。

│310 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 18:11:30

毎度「oO(天地を喰らうっぽいよな。懐かしい……)」って読んでたら

>かこうとん:じゃあ ほらせろ


で牛乳プリンむせた。

│311 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 18:46:03

 時は割と適当に西暦220年ちょっと過ぎ、
魏の曹操は病に倒れ、また蜀の劉備は諸葛亮に後事を託し世を去った。

 黄巾の乱、董卓の横暴、曹性の竿矢、刑道栄の勇士、そして韓玄伝説……
 未曽有の大乱世をくぐり抜け、幾多の戦場を駆けた英雄たちがひとり、またひとり。
 ここに、一つの時代が終わったのである。

 劉備の死後、魏の五穴攻めを見事防いだ蜀の諸葛亮は劉禅にこう説いた。

諸葛亮:陛下、南蛮は我ら蜀漢に取っては尻穴のようなものでございます。
劉禅:し、尻穴とな?
諸葛亮:左様。益州の南に位置する南蛮は我々が魏を攻める際に
    後ろを衝く防備の穴……言わば尻穴にござりまする。
    敵を掘り取る時、尻をがら空きにしては掘れるものも掘れますまい。
劉禅:ち、朕はノンケゆえそちらの言うことは分からぬが……
   先帝(劉備)は丞相を信頼しておった。朕が異論を挟もうはずがなかろうぞ。
   でも正直真顔で尻穴とか言う男が丞相な辺り朕は朕なりに蜀漢の未来が不安じゃぞ。
諸葛亮:ありがとうございます、陛下。
    ではお手を拝借して……
    アナルガード! アナルガード!!
劉禅:(よく分からんが)アナルガード! アナルガード!!



【丞相託弧を受け自ら出陣す】

│312 名前: sileepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 19:04:22

※以下、諸々の都合によりダイジェスト版でお楽しみ頂きたい。

馬謖:曰く、「尻を攻めるは下策、……
諸葛亮:黙れ生兵法氏ねじゃなくて死ね
馬謖:ちょwwwwwwwwww

趙雲:やらないか。
魏延:ウホッ! いい軍律違反……!

- 風 雲 五 包 茎 -

趙雲:金環三ケツ、趙雲子竜が打ち掘ったり!!
蛮兵:げえっ
蛮兵:たったのひと突きじゃ
蛮兵:ひーっ
蛮兵:わわわ


蛮兵に扮した蜀兵らが各洞を占拠

なんか足りねえんだよなぁと木鹿大王が象に乗らされる

攻められっぱなしだった猛獲が兀突骨の援護もあり逆転

アッー! アッー! 木獣!! と藤甲をしごかれる。





すまん、久しぶりに開いた横山47巻に陰毛が挟まってて一気に死にたくなったからこの辺で
横山開いて何してたんだ俺

│313 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 19:13:01

なんと言うグダグダwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwでもGJwwwwwwwwww

│314 名前: 名無し@取扱い地域・時代、自治で議論中 [sage] 投稿日: 2007/02/04(日) 22:33:52

>曹性の竿矢、刑道栄の勇士、そして韓玄伝説……
どさくさに紛れてwwww裏三国志だろw

蜀の未来は明るいか暗いか分からんwwwww

そして木鹿王をおかずにするとはなかなかの豪傑ですな

│315 名前: sleepknot ◆r4HwcKQwNE [sage] 投稿日: 2007/02/09(金) 11:24:20

誰でも良い。

「嘘をつけ! 股の竿を固くしおって!!」
とリアルで使えそうな場面を教えてくれ、一線は越えずに。


いやむしろ一線を越えた勇者の登場を切望する。

│316 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/09(金) 11:49:48

>>315
大人の同性愛板に行け。

│317 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/09(金) 16:24:10

ちょwwww懲罰鯖wwww
こまめに保守しないと落ちるじゃないかor2

│318 名前: 無名武将@お腹せっぷく [age] 投稿日: 2007/02/09(金) 19:17:08

>>317

怖がらなくてもよい。
お前が掘り取られる様を板の連中に見せ付けてやれ。
すぐに落ちる事が快感になるぞ。

そういう訳で、いただきまアーッす!!
ふん!ふんふん!!

│319 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/09(金) 20:16:24

落ちてなかった。・゚・(ノ∀`)・゚・。

│320 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 00:00:37

>立って60日が過ぎたスレッドは24時間書き込みがないと落ちるらしいぞ

これがマジならこのスレの命も後わずかか…2スレ目まで突入した事自体ができすぎか…
最初は100まで行くのすら絶対無理と思ってたからな…

│321 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 00:02:31

岡山では西大寺の会陽が2月17日に開催される。
裸の男たちの祭典。まさに陽と陽が出会う祭り。
曹操を祭りのただ中に放り込みたい。

│322 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 00:04:32

もし落ちたら歴史難民に引っ越せばいいんじゃ?
↓だれか避難所をたててくれると安心だけど……(自分は串規制に引っかかって立てられないor2)
http://jbbs.livedoor.jp/study/2059/

│323 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 00:07:24

>>321
ちょwwwwwwやばすぎるwwww

一応保守につとめるよ。ただ、やっぱり避難所はあったほうがいいよな

│324 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 00:23:36

よかったー!ここは落ちてなかったつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

│325 名前: 張遼・夏侯惇 [] 投稿日: 2007/02/10(土) 07:25:49

保守の為にぃ

(と、殿の)し、尻〜〜!

│326 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:21:27

>>322
むしろ801板でやってくれ

│327 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:23:52

戦国板でも兄弟スレは盛況だし、三戦か難民でいんじゃね?
801っつか下ネタだろw

│328 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:26:00

こんなの輸出したらますます三戦が嫌われる
やめれ

│329 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:27:34

じゃあ三戦でやるか

│330 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:38:31

不慮の尻事故で堀り取られたら
難民板に避難ってことでいかがなものか

│331 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 11:54:07

ホモきもい死ね

│332 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/02/10(土) 12:31:24

混乱に乗じていろいろ揉めてますが
またーりいきましょう