×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

195  無名武将@お腹せっぷく   sage  Date:2009/01/20(火) 21:04:22

曹嵩の死の真相

 曹操が陳留で尻揚げして暫くしてからのことである。
 曹操の父である曹嵩は、戦災から逃れるため徐州にいたが、
 息子の活躍を耳にし、徐州から陳留へ帰還することにした。

曹嵩「ふふふ、息子が活躍しとるようじゃの。曹操の父の座を
   利用して黄巾の乱以前のように、都で良尻を掘りたおす
   日々を送るかのぉ。おやおや、息子のおかげでムスコが
   ビンビンじゃわい」

 曹嵩は欲望を胸に馬車を走らせた。
 そこへ2人の兵士が現れた。

兵士1「もしや貴方は曹嵩様では?」
曹嵩「いかにも」
兵士1「我らは陶謙様の兵士でございます」
兵士2「陶謙様より、ぜひ曹嵩様をおもてなししたいので城へ
    お招きするよう言われ、ここでお待ちしておりました」
兵士1「ぜひお越しを!」
曹嵩(ぬぅ、はやく都のヤングを掘りたいんじゃがのぉ...)
兵士1「曹嵩様、どうされました?」
曹嵩「う、うむ、折角の誘いだが早く愛息の顔を見たい...」
兵士2「良い尻も取り揃えておりますぞ」
曹嵩「!?」
兵士1「手付けずの童尻も沢山」
曹嵩「ええんかい!?儂が掘ってもええんかい!?」
兵士1&2「いいですとも!!」
曹嵩「行く!陶謙の所に行く!そしてイク!」
兵士1「では参りましょう」

 本能の赴くまま陶謙のもとへ向かう曹嵩であった。
 入城して直ぐに宴会の間へ行くと、そこには陶謙がいた。


196  無名武将@お腹せっぷく   sage  Date:2009/01/20(火) 21:04:56

陶謙「これはこれは曹嵩様。本日は...」
曹嵩「黙れ!やらせんかい!はよ、やらせんかい!やりたいん
   ですたい!」
陶謙「はっはっは、曹嵩様は実に素直な方ですな。これ、陳珪」
陳珪「ははっ!いでよ尻ども!」

 陳珪が叫ぶと、扉が開き、多くの良尻、童尻が現れた。

陶謙「どうぞ、ご堪能下さい」
曹嵩「ヒヒ〜〜〜ン!」

 即座に全裸になり、尻めがけて全力で駆けて行く曹嵩。
 人間が赤兎馬より速く走れることを証明した瞬間である。

 「あの時ですよ、徐州を曹家に任せたい、と思ったのは」
 その時の曹嵩の姿を見た陳珪の言である。

曹嵩「ふほ〜!ふほ〜!ふほ〜!」

 片っ端から掘りまくる全裸の曹嵩。悦楽の時は半日続いた。

曹嵩「ふぅ〜楽しんだわい。陶謙殿、実に満足じゃ」

 ご満悦な全裸の曹嵩。


197  無名武将@お腹せっぷく   sage  Date:2009/01/20(火) 21:05:19

陶謙「それはそれは、ではお会計を」
陳珪「しめて一億銭です」
曹嵩「はい!?」
陳珪「キャッシュカードも使えますよ」
曹嵩「いや、そうじゃなくて...」
陶謙「曹嵩様、まさか無銭飲食をされるおつもりで?」
曹嵩「えっ、だって、そこの兵士2人が、おもてなしって...」
兵士1&2「我ら、ただのポン引きですが、何か?」
兵士1「無料などとは一言も申しておりませんが」
兵士2「常識的に考えて童尻がタダなわけないでしょ」
曹嵩「!?(ぬぅ、計られたわい!)」
陶謙「こぉら!曹嵩、金ださんかい!」
曹嵩(なんと汚い連中じゃ。しかしこの曹嵩様がこんなことで
   やり込められると思ったか!)
陶謙「どうなんだ?コラ!」
曹嵩(我が秘策を喰らえ!いくぞぉぉぉ!)

 両手を天に勢いよくかざす全裸の曹嵩!


198  無名武将@お腹せっぷく   sage  Date:2009/01/20(火) 21:05:45

曹嵩「すびばせん!お代は息子の尻で払いますぅぅぅ!」

 天にかざした両手を勢いよく床に叩き着け、泣きながら土下座
 する全裸の曹嵩。
 
陶謙「な、何!?あの名器をくれるのか!?」
曹嵩「差し上げます!息子は今から完全に陶謙様のものです!」
陶謙「曹嵩様、有り難う御座います!」
曹嵩「息子は子供の頃から動物の世話と、掘られるのが好きな
   優しい子なんですぅ!」
陶謙(金目当てだったが、あの尻が手に入るとは)
曹嵩(ふっ、陶謙などチョロイもんじゃわい)
陶謙「では早速、曹操殿に手紙を書いて下さい」
曹嵩「すびばせん、すびばせん、すびびびびぃぃ」
陶謙「も、もう良いですから、離れて離れて、私の股間に顔を
   埋めて泣くのは止め、ちょっ、あっ、あんた何してんの、
   もう、はっ、はぅあ〜!」

 というわけで手紙を書く着衣の曹嵩。
 そして曹嵩の手紙を携えた陶謙の使者が曹操のもとへ。


199  無名武将@お腹せっぷく   sage  Date:2009/01/20(火) 21:06:16

 曹操は手紙を読んだ。

  息子へ
  掘った遊んだ。金足りん。お前の尻、陶謙の物になった。
  儒教の教え、親大事。徐州来い。ゆうパックで送られろ。
  父より。

曹操(酷い話だ、こんなクズ生かしておいては我が尻がもたん)
夏侯惇「どうした孟徳?」
曹操「え〜と、父上が殺された...」
夏侯惇「なに〜!」
使者「えっ!?そのようなことは書いて...」
曹操「え〜い黙れ!報復の準備をせよ!そこの使者も殺せ!」
使者「ひ、ひぃ〜!」

 曹操が徐州へ辿り着く数日前、曹嵩は曹操が放った一子相伝
 の暗殺拳の使い手によって歴史から姿を消した。

曹嵩「うわらば!」