×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

93 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/08(金) 20:00:40

程イク食堂事件〜徐庶が魏に連行されるまで〜

 曹仁、李典は劉備のところの謎の新人軍師に完敗し、その歴戦の菊門に
久しぶりの屈辱の味を思い切り味あわせた。

謎の軍師:「ほぉ、あの天下の名器曹操殿の親戚というからどれほどかと思えば
すごいのは、この竿だけか・・・・」
曹仁:「いやぁああああ・・・・さすらないでぇえええ!!」
謎の軍師:「ふん、さすがに竿の方はすごいな。この太い棍棒が私の
口の中でどう暴れるか見てみたい・・・・」やおら咥える。
曹仁:「やめてぇ・・・・・汚いからやめてぇええ!!!」
謎の軍師:「じゅる・・・兵士たちの前では威張りくさりおって。どんどん硬くなってるぞ。
実はこういうのが好きなんだろ?」
李典:「(すごい・・・・あの曹仁様の巨根をいとも簡単にくわえ込んでる・・・・」
謎の軍師:「そこのユルユル武将は、上司の曹仁が犯されるところをちゃんと見ておけ!
!」
劉備軍1:「新しい軍師様は、顎の関節自由自在に外せることができるらしいぜ」
劉備軍2:「劉キ様の死因は、あの軍師様のバキューム○ェラ攻めらしいよな」
李典:「(ま・・・まずい、これでは曹仁様も・・・)おい、お前!」
魏軍兵士1:「俺っすか?」
李典:「将軍のために・・・すまん!!」
魏軍兵士1を謎の軍師1へ投げ捨てる。
謎の軍師:「ウホッ!!これは、またいいオトコ!!」曹仁無事釈放。
魏軍兵士1:「うぎゃああぁああああああああ!!!」
謎の軍師:「フンフンフン!!この単福の竿捌きを見よ!!」

94 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/08(金) 20:02:13

李典:「あの軍師単福というのか・・・・・」
曹仁:「ちくしょう・・・・・体中にキスマークつけやがって・・・・・
俺の菊門まで舐めやがって・・・・変態が!!あの軍師絶対許さん!!」
李典:「私をユルユル呼ばわりして許せません!!」
曹仁:「あんなヤツ、大腸菌にやられて死ねばいい!!」

こうして、二人は、報復を決意した。

徐庶:「私にまた掘られにきたか?」ビンビンの竿を見せる。
李典:「やられてばかりではないわ!!見よ!曹仁将軍のお姿を!!」

全裸に荒縄の下着で曹仁登場。その姿は、完璧な結び目でアナル、竿、口、
右手、左手、左足、右足、鼻の八箇所をガードし、いくら変態の徐庶でも、
己の欲望を果たせなかった・・・・・。

曹仁:「ふははははは!見ろ、俺は孫子の性法書も読んでるんだ!これは、
八門金縛の陣だ!!」
単福:「むぅ・・・・・は!」
李典:「なんか、ひらめいてるぞ。あの変態・・・・」
単福は、火攻めで曹仁の荒縄を焼き、またその変態っぷりを発揮した。

単福:「火で煤けて余計に黒くなった将軍の肌に白濁液・・・・・サイコー!!
出る!!」
曹仁:「いやぁあああああ!!」

すっかり身も心もボロボロになった曹仁は曹操に泣いてすがった。
曹仁:「う```っうっ・・・・兄上・・・・仁、穢れちゃったぉおお!!」
曹操:「おお、可哀想に。わしも、その気持ちわかるぞ」もらい泣き、二人で
号泣。

95 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/08(金) 20:03:36

荀攸:「泣いてたって何もなんねーよ。そこの負け犬2匹」
荀イク:「そうですぞ。対策を練らねば。それにしても、その単福という軍師何者?」
程イク:「恐らくそれは徐庶のことでしょう」
曹操、曹仁:「徐庶?」
程イク:「ヤツは、イイオトコに目がないマザコン・・・・これを利用して我が軍に引き入れましょう」
曹仁:「あいつと従軍しなきゃいけないの!?やだい!!」
程イク:「従軍で済むのと、このように陵辱を受けるのとどちらがいいのですか!」
曹仁:「・・・・・従軍・・・」

こうして、程イクは徐庶の母親を捕獲。
徐庶の母親:「なんだ?おらの息子を丞相様に仕えさせろって?劉備様に仕官できて親子
喜んでるだ。余計なおせっかいはしないでけろ」
ここで、程イクは徐庶の母親に恩を売り御礼の手紙で偽書を書くつもりだったのだが、
いつもの癖で徐庶の母親の熟成した肉に我慢がきかず、食べてしまった・・・・・・。
程イク:「ハァハァ・・・・やっぱりレアが一番・・・・・・」
文官1:「程イク様、これが策ですか?」
程イク:「はぅっ!!しまった!!つい、熟成肉の臭いで・・・・・どうしよう・・・・」
文官2:「骨と皮以外、ホルモンも見事に食いましたな」
程イク:「よし、ここは赤ずきんちゃんの狼みたいに、このババアの皮を被って徐庶に会いに行こう」


96 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/08(金) 20:04:37

こうして、大男程イクは徐庶の母の皮を被り、女装して会いに行った。
徐庶:「母上!!会いたかったよお!!」抱きつく徐庶。
徐庶:「母上、なんか身長やけに伸びてないですか?」
徐庶の母(になった程イク):「なんだい。お前がチビなだけだよぉ」
徐庶:「それに、ゴツゴツするし・・・声も変」
徐庶の母(になった程イク):「お前にご馳走を作るために徹夜して料理を作ったんだよぉ。
さあ、あそこの食堂を借り切ったから食べよう」
徐庶:「あそこの食堂って、魏の軍師程イクの経営するチェーン店じゃん。大丈夫?」
徐庶の母(になった程イク):「何言ってるんだい、程イク様はとても優しくて
魏の文武百官の抱かれたい男ナンバー1なんじゃよぉ(自分のことなのでフォロー)」
食卓についた二名箸を落とし、徐庶がテーブルの下にもぐった時
徐庶:「!?・・・・・」
徐庶の母(になった程イク):「どうしたんだい?息子よ」
徐庶:「はは・・・うえ・・・なんか母上の股間に・・・ぶらぶらと毛むくじゃらのイチモツが・・・・」
徐庶の母(になった程イク):「お前を掘り取るためだよぉ!!」
徐庶:「ぎゃぁあああ!!!」
程イク:「フンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフン・・・・」
一時間後
魏の文官:「やっぱり程イク様って、すげえ・・・」
徐庶:指で自分で前立腺責めしながら「穴が広がってます・・・」
程イク:「気持ちいいって、声に出してみろ」
徐庶:「ンギモッチイイッ!」
さらに二時間後
徐庶:「アッー!!!」
魏の文官:「程イク様徐庶を三時間で15回イカせた・・・・・・」
ビデオカメラを置き、編集室へ。

97 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/08(金) 20:05:54

後日、劉備の元へ三時間に渡る濃厚なプレイ内容がビデオで送られる。
ビデオから画質取りした写真を見せると、劉備配下の孫乾(劉備軍では、まともな人間。
衆道野郎ではない)は、「アッー!」と絶句した。
―このビデオに出ているのは、徐庶軍師ですね。
「うわあ・・・、これは徐庶軍師ですね。」
―ほかにも、劉備配下の武将は出ている?
「これ簡雍で、ああ、こっちは張飛ですね。間違いない。相手は魏の程イクだ。なんだこれは・・・。
なんで男相手なんだろ・・・・たまげたなあ。」
たとえ事実でもシラを切らなかった。

簡雍張飛へのセクハラに関し、孫乾が徐庶軍師に事情を聞く。
徐庶軍師「仲良くなりたかった」
孫乾「なぜ、男なんだ」
徐庶軍師「女性ともしました」

この事態を重く見た孫乾は徐庶軍師を解雇。劉備もさすがにビデオ出演には
引いた。こうして徐庶は衆道野郎の聖地、魏へやってきたとさ。
どうも演義では美談になっていますが、残念ながらこれが真相。

〜おわり〜