×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

513 名前:董承の[sage] 投稿日:2007/10/06(土) 21:08:21
えー、お久しぶりです。
仕事詰まったり、体調崩したりとありましたが少しづつ書きます。

「董承〜その愛」附(つけたり)漢廟大連姦
董卓の手で廃墟と化した洛陽の惨状に
反董卓連合軍の十七諸侯は呆然としていた。何せ数年前まで彼らの大半は宮廷人として、この地の繁栄を謳歌していたのだから。
袁紹「ここまで焼き尽くすとは…無道なり董卓!」
韓馥「皆々御覧あれ、この無残な洛陽壱號を!
芯まで炭になっておる…」
袁術「何と可哀想な事を…許せん董卓め!」
劉岱「炭になっては尻に入れても中折れして使い物にならんでないか
董卓はコケシの使い方も知らんバカじゃ!」

曹操・孫堅・孔融「(本編でも突っ込んだが、お前らそれしか頭に無いんかい!)」 

それはさておき、取り敢えず野営をする為消火作業をした連合軍は
一夜明けてから善後策を考える事にした。
次の日、諸侯が揃った所で孔融が発議した。
「皆様方、見ての通り都は完全に廃墟にされ宮中も斯くも無残な有様。
しかるに畏れ多くも皇祖皇霊を祀る太廟も荒らされ、歴代の主上の御霊は安ずる事も出来ませぬ。
今陛下おわさぬこの時、我等の誠忠を皇霊に捧げお慰め申したく思いまするが如何」 
袁紹「真、孔融殿の申されるが道理。皆様方各々の兵糧より上の物を選び
太廟にお供えして皇霊をお慰め致そう。」
早速、孔融らは太廟の跡地を整備して歴代皇帝の仮の位牌を据えると
諸侯の奉った供物を並べ祀りの準備を整えた。

514 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/10/06(土) 22:06:23
董承キタ━(゚∀゚)━!
待ってました! 激しくwktk

515 名前:董承続き[sage] 投稿日:2007/10/06(土) 22:09:30
正装した諸侯の居並ぶ中、儀礼に詳しい孔融が祭文を読み上げた。
孔融「…思んみるに叛徒・董卓は先帝を弑逆して都を焼毀し、人民の財を奪い生命を害して止まず
亦君臣の娯みの具たるコケシを破棄して民の楽を滅ぼせり…」
鮑信「おお…その通りじゃ、コケシ狩りなど情けある人の所業ではない(泣)」
公孫サン「流石孔融殿、我等のコケシを惜しむ気持ちを汲んで名文を作られた。泣けるなぁ(泣)」 
曹操「祭文までコケシ入れるなよ孔融殿…(泣)」 
祭礼が終わり、全員が立ち上がった。
曹操「では皆様、董卓追撃の…」
袁紹「待たれよ、まだ祀りは済んではおらんぞ」
袁術「左様。孔融殿、太廟の祭祀には八イツの舞をせねばなりませぬな(ニヤリ)」
孔融「そうです。しかし八イツは天子のみ、我等は諸侯・大夫ですから六イツか四イツの舞になります。
が舞人は貴人でなくてはならず、この場で貴人に充たるは我等自身のみです。
となれば、二イツの舞で皇祖皇霊にはお許し願うしかないでしょうな。(ニヤリ)」
説明せねばなるまい。
八イツとは周代に定められた舞人の列を言い、一列八名で構成され八イツは六十四名になる。
そして貴賤の別でイツの数は少なくなる。
神や祖霊を祀る為、天子の賜宴の特別な舞はこの構成で舞われるのが定めであった。
孔融「そして拙い事に太廟への舞には玉の笏が要るのですが、どうも董卓が略奪したようです。」
橋瑁「では玉の笏の代わりに何かありませぬか?(ニヤリ)」
孫堅「ワシが祖先の孫武の伝に、玉の笏が無い折はコケシにてと聞き申した。(ニヤリ)」

516 名前:董承続き[sage] 投稿日:2007/10/06(土) 22:34:30
張バク「しかしコケシは全て焼かれてありませんぞ(残念そうにニヤリ)」
孔融「我が家に伝わる周代の古伝には
商代の舞には秋の豊饒を祈り実りを捧げる為に
豊饒をもたらす股竿を象りしコケシを持って舞い
更に古の夏代には股竿そのものを勃てて舞った…と!(ニヤリング)」
曹操を除く諸侯「何と、コケシ無くば股竿にござるか!(ニヤリング!)」

曹操は皆が妙にニヤリとするのに気付くべきだった。
実は昨晩、曹操を除く諸侯らは密かに集まり打ち合せ済みだったのだ。
太廟の祭祀に託け、曹操の美尻を全員で楽しもうと!

すんまへん、続きは股。


523 名前:董承続き[sage] 投稿日:2007/10/14(日) 18:22:37
孔融「では舞を舞う人員を分けましょう。まず私孔融は祭司なので除外されます。
袁渤海公の組に韓(馥)冀州、孔(抽)豫州、劉(岱)兗州、王(匡)河内、
張(バク)陳留、橋(瑁)東郡、袁(術)南陽の各位
馬(騰)征西将軍の組には公孫(サン)薊侯、鮑(信)済北、張(超)広陵、
陶徐州、張(楊)河内、孫(堅)長沙、袁(遺)山陽。」
曹操「む、私が余ってしまいましたぞ。如何?」
袁紹「うむ。孟徳よ、君は皇祖皇霊への極上の供物にして
      
       我等の舞の竿受けの役じゃ。」
曹操「ゲエエエエエエエッ!」
袁術「それっ、曹将軍を裸にしてお供え申せ!」
その他の諸侯「応!」
曹操「い、いやああーーーー、止めて止めてぇ〜!!!!!」
瞬く間に曹操は素っ裸にされ、三牲に付き物のブタの丸焼きの様に
祭壇の前に据えられた。
孔融「では袁渤海より舞をお始め下さい。」
袁紹「うむ、いくぞ孟徳、ふんっ!」
曹操「や、優しくしてねっては、入ってきたあっ!?」
袁紹はしっかり曹操の腰を掴まえて、ゆっくりゆっくりと大きく腰を使う。
張超「ほう、流石は名家の舞の動きよ、せかせかせず雄大ですな」
王匡「マダー、ねぇマダー?俺の番マダー?」
袁紹「おお、まさかこれ程とは…我が近くに、我が親友がこんなに極上だったとは!」
曹操「い、痛い痛いーーーっ!動かんでくれ本初…」
袁紹「心配するな、すればするほど慣れてくるって締めるなアッー!」

524 名前:董承続き[sage] 投稿日:2007/10/14(日) 21:01:27
韓馥「では某の番、曹将軍股をお開け下され」
曹操「(ホッ、掘られずに済む)…ん、んんんっ、な、何をなさる!?」
韓馥「ぴちゃっ、くちゅっくちゅっくちゅっくちゅっ…」
何と韓馥は掘りもしないで曹操の股竿をくわえ、片手で己の一物を握り締めていた。
韓馥「(フフフ、皆掘るばかりに気を取られおって。最初こそ肝心、孟徳きゅんを喜ばせた上でまぐわえば
諸侯が羨む程のまぐわいとなろうぞ。さすればこの後も孟徳きゅんと割り無い仲に…!)如何、もごっ、曹将軍ペロっ
(どうじゃ我が舌技、堪らんじゃろ孟徳きゅん!にしてもちっさい股竿じゃ…)」
実は韓馥は掘るより、尺八が得手と思い込んでいた。
だが実際は大した事はなかったので、流石の曹操も気持ち悪いだけでさっぱりだった。
曹操「は、はぁ、中々ですな…」
そのままおしゃぶり四半刻。
諸侯はじれてイライラし始めた。
鮑信「韓公、皆待っておる。気持ちは判るが早くなされ。」
王匡「我慢ならーん!(ドピュッ)」
他の諸侯「独り占めはずるいぞ!」
韓馥「(チッ焦りおって、致し方無い)曹将軍参る!ふんっ、ふんふんっ!」
曹操「ぎゃあああああっ、し、尻が、尻がー!!!
いきなりは痛過ぎるぅー!」
韓馥「ああっ、こんなのだったら、こんなに気持ちいいのだったら
最初から掘ればよかった!損したわいアッー!!!」
因みに韓馥は掘る事僅か五フンフンで果てた。

続きは又


552 名前:董承の[sage] 投稿日:2007/10/28(日) 16:34:18
いきなり流れぶった切りで続き。
孔抽「では某が舞いまする!」
股間を丸出しにした孔抽は東西南北に硬くそそり立つ股竿を
突き上げるように腰を振った。
孔抽「天地五嶽四涜、北辰南斗諸星辰、大漢高祖皇帝列祖
謹みて我が竿奉る」
と暫くの間孔抽は舞台の四方をグルグル回りながら竿を振る。
竿は振られる毎に増々硬く太くなり、迸る我慢汁は諸侯の上に雨のように降り注ぐ。
嫌がおうにも周囲は雄臭さで満ち溢れ、曹操以外の諸侯の興奮はいや増しに増す。
ついでに言えば、太廟の外に締め出されていた劉備三兄弟もその芳香に
性欲を催し、手近に居た公孫サンの配下に襲い掛かっていた。
孔抽「いざ、我が腰の舞捧げ奉る!ふんっ、ふんふんっ!!」
曹操「ふ、ふぎゃあああっ、ゴリゴリしたのがきたぁっ!?」
あれだけ動き回ったのに孔抽は疲れも見せず、ブンブンと丁度横8の字に
グリグリグリグリと腰を使う!
曹操は直腸内がゴリゴリ抉られ悶絶する。
曹操「こ、孔豫州殿、は、早く、早く果てて下されっ…!」
孔抽「何を言う!斯様に股の竿を針のように堅くしおって!」
それから孔抽は音速の腰突き、ブン回し等の数々の腰技を披露してやっと
「アッーーー!」
と相成った。
袁遺「お見事!昨今稀に見る腰使いにござった」
孔抽「いやなに昔の都でのサカリ振りに比ぶれば、童貞のにわか舞にござる…」
王匡「いやあ、凄いおかず乙!」(この間、王匡は己の竿を扱きっ放しだった)
劉岱「ではワシの舞ですな」
ノソノソと劉岱が舞台に上り、逸物をほり出した。
諸侯「げぇっ!」 553 名前:董承の[sage] 投稿日:2007/10/28(日) 16:56:45
それもその筈、劉岱の竿先だけが子供の頭並みの大きさなのだ!
喬瑁「なんぼなんでもこれはいかん!いくら名尻でも入らぬわ…!」
袁術「(こんなの無理に入れたら、孟徳きゅんのお尻が壊れて
ワシまで回ってこんじゃないか!)」
袁紹「(さりとて亀頭がデカいから止めろ、とも言えぬし、困ったのう)」
諸侯も戦慄していたが、一番恐怖に怯えていたのは曹操本人!
曹操「(や、やめて、お願いだから、一生のお願いだから掘るの止めて!)」
知ってか知らずか劉岱は尻に先っぽを宛がった。
劉岱「こ、これが、天下一のび、美尻!美尻美尻美尻…アッーーー!」
なんとした事か、余りに憧れ過ぎて興奮し切っていた劉岱は
尻の割れ目に当てた途端果ててしまった。
すかさず竿を扱いて勃てようとする劉岱。が、そこで進行役でもある孔融が
「待たれや劉兗州公、後が詰まってござる。相済みませぬが
ここは後の方に舞の番を譲られよ」
と制止した。
劉岱「で、でもー」
袁紹「申し訳ないが、ここは祭祀の場。乱交ではござらぬし、貴殿のみの
舞台でもない。まぐわいは後になされい」
そこまで言われては劉岱も引き下がらざるを得ない。渋々劉岱は下壇した。
さて次は王匡だったが、もう既に十発は雄汁を扱き出してたので
目の下にはどす黒い隈が出来ていた。
孔融「…大丈夫でござるか?」
王匡「犯る、俺は断固犯る!」
フラフラしながら舞台に王匡は上った。

554 名前:董承の[sage] 投稿日:2007/10/28(日) 17:16:01
ヨロヨロしながらも王匡は竿を扱き、舞おうとした。が竿が肝心なときに萎えて勃たない!
王匡「これは何とした事ぞ!勃て、勃つんじゃ俺の竿!」
焦るが疲れきった竿はピクリともしない。
見かねた孔融が後回しにしよう、と言おうとした瞬間
王匡「ここで勃たずば漢に非ず!どりゃああああっ!!!!」
王匡は孔融の左手を引き掴むや、己の尻穴の奥の前立腺目掛けその左腕を無理矢理捻り込み
一気に股竿を堅くした!
諸侯「おおおっ、見事じゃ、これぞ漢!」
王匡「そりゃあああああっ!せいやっ、せいやっ、せいやぁあ!!」
曹操「ぎゃああああっ、は、激しすぎるぅ!?」
孔融「王河内、い、痛いっ、痛いっーー!、は、離して…っ!」
王匡「嘘言うな、何が痛いじゃこんなにまた股の竿を堅くしおって!」
曹操「わ、ワシも痛いが、その痛いとはまた違うぅ!?」
孔融「私のは股竿でなくて腕が痛いっーー!」
王匡「最高だ、最高だアッーーー!」
舞台は王匡の所為ですっかりクソミソ状態になってしまった。

続きはまた。小出しでスンマヘン。