×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

199 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:00:50
狂士禰衡〜曹操自慢のコレクションメッタ斬り!〜
 掘られ嫌いの曹操、彼が人生で唯一心の底から「掘られたい」と願って
やまなかった人物がいた。そう、あの有名な名門袁家の袁紹であった。
彼に流れる血がそうさせるのか、雄野郎、婦女子を問わず虜にさせるその美貌の
なせる業か、彼の性技は当代随一であるのは間違いなかった。

それは、あの鬼の文若こと荀イクを性奴隷にした過去から見て歴然だった。
しかし、当の袁紹は鬼畜プレイが一番好きなので「幼馴染に萌える」などという
善良な雄野郎ではなかったので、曹操の美尻には興味はあったものの、
この時代には珍しく、「友情>越えられない壁>美尻」という考えを持っていた。


曹操:「はぁ・・・・ワシも本初に掘られれば、この痛み、快感に変わるに
違いない・・・・・そしたらどんなに生き易いか・・・・」
荀ユウ:「そういえば袁紹が河北に勢力を伸ばしてるらしいな」
郭嘉:「北の野郎共の尻は南と違って締まりがいいからな。あの筋肉質な
尻を掘れるとは袁紹、羨ましいな!」
荀ユウ:「お前、袁紹の所にいたままの方がよかったんじゃねーの?」
郭嘉:「俺が曹操様の所に来たのは、ネコ卒業したからよ!!」
楽進:「確かに、ここはタチの楽園だからな」
一同の視線は曹操の尻へ。

200 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:01:52
曹操:「わあああああ!!ちょっと待て!!お前らはワシに苦しみしか与えられんのか!?
少しは本初を見習って、タチもネコも楽しめるプレイというものをだな・・・」
荀イク:「殿、それなら袁紹殿と戦いましょう。戦えば、いくらなんでも袁紹殿は
殿を抱いてくれるはず。そうすれば殿も衆道での快感を得られるはず」
曹操:「さすが、我が子房!袁紹の肉奴隷だっただけのことはあるな!!」
郭嘉:「とりあえず、劉表を服従させようぜ!!」
曹操:「劉表は有名な名竿、名尻しか受け付けん男・・・・・・使者は誰がいいか・・・・」
荀ユウ:「やはり名品好みの孔融に聞いてみるか」
孔融:「ふむ・・・・劉表好みの竿か尻・・・・・・私の友人の禰衡はいかがでしょう」
郭嘉:「つれて来いよ。さっそく。味見してやるよ!!」
程イク:「その野郎、使いモンにならないくらい味わってやる」
一同:「ケケケケケケ」
賈ク:「落ち着け!!冷静になれ!!使いモンになれなくては、本来の意味がなかろう」
こうして、尻好き竿好きの文官武官の野望むなしく、味見は禁止となった。


201 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:02:33
禰衡:「禰衡です」
曹操:「おお!!我が陳平だ!!ささ、早くそのテクニックを披露して・・・・」
禰衡:「(ムッ、来て早々に席も与えられず、尻と竿のみか)あ〜あ〜、この世には
まともな男はおらんのう」
曹操:「ムムム・・・ワシのコレクションを見てもそう言うか!!」
孔融:「まあ、実際には殿の尻が収集した人材なんだけどね」
禰衡:「かかかか!!何を言い出すかと思えば!まず荀イク!!」
荀イク:「!?」
禰衡:「お前はその美貌で見舞いか弔問の使者になるがいい!!病人も勃起し、
未亡人や子息をも肉奴隷にできよう!!次に、荀ユウ!!お前の性癖は知ってるぞ!!」
荀ユウ:「!?」
禰衡:「お前は、死姦に最近凝っているそうじゃないか?未抵抗の男をヤルのは
そんなにいいか?この意気地なしめ!!お前は墓守がちょうどいいわ!!次に
程イク!!」
程イク:「(また人肉のバッシングか・・・・・)」

202 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:03:44
禰衡:「お前、タチらしいが、実はかなりの名尻らしいじゃないか!!」
一同:「何!?」
程イク:「余計な事を!!」
禰衡:「この国にあって、名尻とばれたとあっては・・・ククク・・・今日からお前は
己の菊門を守る門番なるの決定だな。郭嘉は幼少期から、変わった性癖で春画で興奮せず
活字のみで達してしまう活字フェチとか。おまけにその中野美奈子もタジタジのカミカミ
ぶり・・・・・官能小説を読ませるのにうってつけ・・・見ものだな」
郭嘉:「ナカミーよりはマシだ!!」
禰衡:「満寵は雄汁が大好きでいつもフ●ラばかりらしいな。そんな奴は、チンカス
(酒かす)でも喰ってればいい」
満寵:「は、恥ずかしい・・・・」恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にする。
禰衡:「張遼はピストン時の音がやかましいので、太鼓番がちょうどいい・・・・
銭の音で発射してしまう曹洪など・・・・取るに足らない人材ばかりですな」


203 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:04:21
張遼:「やかましいだと!?」
禰衡:「あれでは、ムードを大切にする文官など逃げてしまうわ!!貴様、未だ曹操の
尻を掘ってはいないのであろう?曹操が尻を貴様に許さぬのは、その音のせいじゃ!!」
張遼:「そうだったのかorz・・・・・畜生!!死ね!!」
曹操:「まあ、待て!そこまで言うのなら、禰衡、お前が美しいピストンを見せてみろ。
さぞや美しい音で突くのであろうな」
禰衡:「フ・・・・・お任せを・・・・」
衣を全て脱がず、下半身のみはだけ曹操をやおら掘る。
禰衡:「フンフンフン・・・・・・・フンフンフン・・・・・!!!」
曹操:「あひぃいい!!何でそうなる!!」
禰衡:「そこに名尻があるからだ!!フンフンフン!!!」
曹操:「世間では名竿なのだろうが・・・・ワシには痛いだけじゃ!!
早く抜け!!」
禰衡:「ほれ、この音を聞いてくだされ!!」
曹操を突きまくる禰衡の音・・・・それはある名曲の調べだった。


204 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:05:03
楽進:「おお・・・・・素晴らしい」
荀ユウ:「なんだか・・・さっきの無礼も許せてくる調べだな」
郭嘉:「泣けてきた・・・・・・」
曹洪:「なんだ・・・この調べは・・・・号泣!!」
一同:「ブラボー!!」
曹操:「ひぎ・・・・いたたあた!!痛い!!やめろ!!皆も認めておるぞ。早く抜けい!!」
禰衡:「ほほお、さすが掘られるのに慣れている・・・余計な口を利くだけの余裕があるのか!!」
曹操の上の口へ入れる。
曹操:「ブォ・・・」
郭嘉:「そこまでやる!?初めてなのに、そこまでやるのか!?」
禰衡:「歯立てたら、承知せんぞ!!気合入れてやらんといつまでも続くぞ。下手なら
また掘るからな」
曹操:「モゴモゴオ・・・チュバ・・・ぐちゅ・・・」
郭嘉:「殿の竿をしゃぶる音が・・・・・・!!」
楽進:「これも素晴らしい!!」
曹洪:「泣けるいい曲だ!!」
曹操:「くちゅ・・・ぺちゅ・・・・」
禰衡:「上目遣いで懇願してもムダだ・・・・早くイカセロ!!・・・・おお、奥まで
咥えて・・・・・・う!イグゥ!!」
禰衡の白濁液が爆音と共に舞い上がる。

205 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:05:34
一同:「おお!!!素晴らしい!!」
禰衡:「フフフ・・・・・」
一同:「アンコール!!アンコール!!」
禰衡:「では!」
曹操:「あぎぃいい!!また入ってきたぁ!?」

一時間後。
禰衡:「ミスタースリムを吸いながら。さすが天下の名尻・・・よかったぞ・・・」
曹操:「ひぐぅ・・・・ひぐぅ・・・・(本初・・早くワシに快感を教えてくれ)
お前の垢見たじみた汚い服、早くどけろ」
禰衡:「私が汚いだと?」パン!と全裸になる。

206 名前:無名武将@お腹せっぷく[] 投稿日:2007/07/02(月) 13:06:55
一同:「おお!!」
楽進:「色、形、香り・・・どれも武将のものと遜色ない・・・・」
張遼:「戦場でこいつと会わなくて良かった・・・」
程イク:「笑止!!」パン!!と同じく全裸になる。
一同:「おお!!!!」
禰衡:「色、形、堅さ、大きさ、香り・・・・・まさに三国無双の竿・・・・」
あまりの素晴らしさに程イクの竿に頬擦りする。
禰衡:「アニキと呼ばせてください」
程イク:「(俺の名尻のことばらしやがって・・・・こいつを生かしておいたら
空恐ろしい)では、弟よ」
禰衡:「はい!」
程イク:「黄祖という男が劉表の元にいる、こいつが私などとは比べ物にならぬ
竿の持ち主、訪ねるがいい」
禰衡:「はい!アニキ!」
程イク:「(奴は、本当は粗チンだがプライドの高い男・・・禰衡が会えば
毒舌の禰衡のこと、本当のことをいい、怒った黄祖に切り殺されるに違いない)
ククク・・・」

こうして、程イクのもくろみは成功したということです。

〜おわり〜