×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

123 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/13(水) 15:59:59

文官ノンケ仲達の誓い外伝〜仲達争奪戦、三国無双準拠編〜

 今回、史実関係ナシ。某スレで曹叡様が「仲達を掘りたい 」と仰り
仲達は身の危険を感じたので三国無双のセリフで無双に覚えありの文官に書かせてみた。


司馬懿:「この私が直々に格の違いを教えてやろう」衣服を脱ぎ猛者相手に挑む。
徐晃 :「いざ参る!」 同じく衣服を脱ぐ。
張コウ :「いきますよ!」美しく掘り取る覚悟のようだ。
陸遜 :「本気で行きます!」どうやら、今までは本気ではなかったようだ。
孫策 :「楽しもうぜぇー!」 玉痔型こけし持参。
甄姫 :「汚らわしい!」汚い物を見るように孫策を見る。

諸葛亮:「力だけでは勝てぬ事、お見せしましょう」 さすがに変態軍師、道具は必要ないようだ。
陸遜:「では、一勝負といきましょうか」 臨戦態勢で仲達の菊門へ。
袁紹:「控えよ!讃えよ!私が袁本初である!」どうやら、あの名門も仲達を試してみたいようだ。
親衛隊の郭図と逢紀が他者からガードし、袁紹と仲達の一騎打ちへ突入。パーンパーンビチッパーン
袁紹の汗か仲達の汗か、二人の汗か・・・・腰を動かすたびに湿った音が木霊する。
一同の視線は無防備な郭図と逢紀の尻へ。


124 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/13(水) 16:00:49

姜維 :「いただき!」郭図へ挿入。郭図の悲鳴。
劉備 :「喰らうがいいー!」 郭図の口へねじ込む悲鳴は止まり、すすり泣きへ変わる。
張遼 :「邪魔だぁー!」逢紀 めがけて突進。ダイブする。
陸遜 :「これでどうだっ!」 逢紀へ顔射。
魏延:「ヤルナ・・・」逢紀の口へねじ込み窒息死させようとする。
張飛:「へっへっへ・・・一度本気でやってみたかったのよ どっちが強ええのか」目的を忘れ
魏延を掘り取ろうとする。
劉備:「愚かな弟・・・私自らの手で引導を渡してくれよう 」 張飛をアッーと言わせる。
魏延:「ヌゥンッ!」どさくさにまぎれ、張飛を劉備と二輪挿し。

凌統 :「鬱陶しんだよ!」 劉備を掘る。
劉備 :「退かぬっ」 劉備、耐える。
張飛:「兄者、すまねえ…俺はここまでだ…」二輪挿しにあえなく陥落。
姜維:「時期尚早だったか…ここは退こう」郭図の締りの良さに腑抜けとなる。
魏延:「…馬鹿ナ…有リ得ン!」逢紀、魏延に口を穢されたのを恨み、食いちぎる。
甄姫:「このような所で…果ててしまうとは…」離脱した張飛、姜維、魏延へ侮蔑の言葉を
投げつける。
黄忠:「仕置きじゃっ」凌統の菊門へ弓矢を一本一本挿し抜きして攻撃。
孫策 :「いやっほぅっ!」部下が犯されているのに感じる孫策。

125 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/13(水) 16:03:45

凌統:「まだ…やることが…あるってのに…」仲達に届く前に肛門裂傷で運ばれる。
陸遜:「期待を…裏切ってしまうのか…」 負傷した同僚を見捨てず、一緒に救急車へ乗り込む。

凌統、陸遜離脱。

張コウ :「より美しくっ散りなさい!」 目障りな孫策へ攻撃ならぬ、口撃。
張コウ:「敵将、この張儁乂が討ち取りました!」孫策は早かった。
孫策離脱。

張遼 :「いざ勝負っ」張コウの菊門へ歴戦の股の武器が炸裂。
張コウ:「いざ、華麗に」
張遼:「とどめだっ」張コウを駅弁スタイルで持ち上げる。
張コウ:「美しい戦い…堪能しましたよ……」名の知れた武将ともなると、ただ掘り取られるだけでなく
堪能するものらしい。
張コウ離脱。

黄忠:「戦場で死ねるとは…わしは果報者よ…」黄忠、がんばりすぎて離脱

126 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/06/13(水) 16:04:48

諸葛亮:「私たちも負けていられませんよ」
劉備 :「喰らうがいいー!」 ホウ統へ。
ホウ統 「やぁぁぁぁぁあぁぁぁ!」ホウ統瞬堀。離脱。
諸葛亮 :「危険です! ご自重ください!」孔明、劉備のやりすぎを諌める。
劉備:「雲長、翼徳・・・桃園の誓い、守れぬようだ・・・」劉備エネルギー切れ。離脱。

諸葛亮、張遼、郭図と逢紀を掘り取り、袁紹へ。
袁紹 :「食ぅらぇぇ!ふん!ふん!へぁっ!!下郎ぅ!!失せろぉーっ!!はぁ〜!!」
諸葛亮:「戦わずして勝つのは、最上の策です」
張遼:「くっ、噂以上の腕前・・・」
孔明、張遼、名門袁紹に敗れる。


変態軍師孔明が退散したのを見、身の危険を感じた仲達、
司馬懿:「まだ勝負を決する時ではない。また会おう」
と袁紹に期待させ逃げた。

袁紹:「我こそは、真の三国無双なり!!」

やはり、袁家は最強のようです。

〜おわり〜