×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

866 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/05/18(金) 21:41:04

袁紹伝外伝〜天下の名門袁家強さの秘密〜

 袁紹字は本初。汝南郡汝陽県の人である。
今日は彼の今日までの軌跡を少し紹介してからはじめたい。
袁家は三代続き三公を出した名門であるが、その強さのウラには
ある秘密があった。


己の竿一本で司徒にのし上がった袁安は、その猫のようなしなやかさを持つ
肉体からは想像もつかないテクニシャンであった。宮中を袁安が歩くだけで
文官武官を問わず男どもは我慢汁を出す間もなく達し、恍惚とした表情で
袁安を見つめとても政治どころではなかったという。

867 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/05/18(金) 21:41:48

そんな袁安が己の竿技を余すところなく記した書(後に性能書という)に、
同じく父親譲りの竿自慢袁敞、そして子孫袁湯、袁逢が加筆した禁断の書があった。
これを手にした者は、少なくとも三公にはなり、天下さえ掴むといわれた威力であった。
それを盗み書き写そうとする盗人がいても読んでいるうちに試して衰弱し、
これを欲しがった霊帝に献上するために写させた文官には試さないよう、全身に縄をかけ、
口に筆と墨を含ませ書かせたという。後にそれを試した霊帝は男遊びがたたり、早死した。
名門袁家の血があってこそ成り立つこの書は以来、その恐ろしさから門外不出となった。


なお、当時の中国にはもう一つの禁断の書があり、それはあの孫家が所有していた。
先祖である孫子が記した「孫子の性法書」という。当時、これらの存在を知る
評論家は「袁家か孫家か、そのどちらかが乱世を救うであろう」と評した。

868 名前: 無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日: 2007/05/18(金) 21:42:39

さて、その名門袁家の庶子として誕生した美貌の名高い袁紹はその名門の出と、
見かけの良さに騙され多くの名士が訪れていた。しかし、袁紹の実態は
とんでもない鬼畜だったのである。少年Aが三国志を愛読していた理由で
「袁紹サマの華麗な鬼畜プレイの部分だけ何百回も読んで射精していました」と答えた
という。それを聞き、出版社は袁紹の鬼畜プレイを掲載することを自粛、今の
一般の書店で目にすることができる三国志の形になったのである。


弟袁術との近親相姦、公開アー!に勢いづいた袁紹は故郷の男では物足りず、
中央へ出て行った。そこで元肉屋大将軍・何進に初めて豚や牛を使った獣姦を
覚え、何進へ忠誠を誓うもその相手を殺害され、怒り狂った袁紹は十常侍を惨掘、
誤って掘られたもの含めその数2000にのぼり、宮中は痔の海となったという。

袁紹がその勢いをなくした官渡の戦いによる敗戦とその後の病死のウラには
元参謀の荀或の存在があるのだが、それはまた次回。