×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

563 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2007/03/24(土) 16:29:24

呉下の阿蒙

呂蒙ははじめ男色を知らぬ男であったが、
持ち前の努力と向上心でどんどん軍中の功績をとげていた。
しかしその功は武力まかせのもので、尻と竿についての面がまったく欠けていたために、
孫権は呂蒙に武人としての男色の大切さを身をもって諭した。
主君の厚意と尻に感激した呂蒙は男色にはげむようになり、
僅かの間に立派な男色の技を身につけた。

あるとき、魯粛はるんるんと呂蒙のもとを訪れた。
魯粛「(呂蒙の奴、相変わらず童尻なのかな。心配だから私がまた少し教えてやるか!)」
魯粛「おお子明、最近調子はどうだ? 今日もまた少し尻について教えてやろうと……」
呂蒙「子敬殿ではないですか、お会いできて何と嬉しいことか!
    早速私の竿を振舞って差し上げましょう! ふんふんっ!」
魯粛「エッー! 展開が違うよ! っていうかお前童尻じゃなかったの!?」
呂蒙「士の別れて三日ならば、刮尻して相待つべし! ふんっふんふんっ!!」
魯粛「アッー!!!!」

その後魯粛は、「呂蒙はもはや呉下の阿蒙にあらず」とはげしく落胆していたという。
 おわり

初ネタなんで変だったら勘弁なorz