×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

10 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:30:13

溜め県令ホウ統

ホウ統、字は士元。
彼は劉備に仕官を求めたが顔が好みに合わないということで田舎の県令をやらされていた。
しかし、そこで彼は仕事をせずに遊びほうけていた。
張飛 「おい、ホウ統!貴様は仕事もせずに遊びほうけているとの報告があった。
    顔は俺の好みに合わないがどうやらこの蛇矛を喰らいたいようだな!」
ホウ統「やれやれ、ここ最近さぼっていたからな。そろそろ片付けるか。
    将軍、そんなにいきり勃つな。すぐに片付けるから」
そしてホウ統は外に民の訴えを聴きにいった。
民1「隣のやつが春画の代金を払いません」
民2「合体の約束を破られた!罰してくれ」
民3「亭主の男遊びがひどすぎる」
その他もろもろ多数の民が訴えに来ていた。
ホウ統「ふむ、こんなに溜まっていたのか。さて、一気に片付けるか」
舌なめずりをするとホウ統は全裸になって村人に襲い掛かった。
ホウ統「ふんふんっ!やっぱり溜めてからだとわしの太刀もちがう」
民1「い、痛いっ!う、動かないでぇー!」
ホウ統「嘘を言うな!こんなに股の竿を硬くしおって!!」
民2「掘られるなんていやぁぁっ早く抜いてぇー」
ホウ統「ふんふんっ!む、おぬしは亭主を連れてまいれ。真の男遊びを教えてやる」
民3「あ、あなた。ご指名よ!」
民3の夫「ぎゃあああっ!しっ尻が裂けるうっ!?」
ホウ統「おぬし後ろは初めてか?真の男はこっちもたしなまんとな」
民3の夫「男はもういやアッー!」

続く

11 名前: 無名武将@お腹せっぷく [sage] 投稿日: 2006/11/26(日) 21:31:12

村はホウ統のハーレムと化した。そのどさくさにまぎれて張飛も尻に飛びつこうとしていた。
ホウ統はそれを目ざとく見つけると張飛に飛びかかり
ホウ統「将軍もこれがお目当てだったんでしょう?」
張飛「い、痛いーーッ!抜いてぇぇっ」
ホウ統「将軍、これが自慢の蛇矛ですな」
張飛「さ、さすらないでぇぇっ!」
この後村はホウ統の世話になるぐらいならと、役所に訴える者はいなくなりよく治まった。

その後、このことは隠れていた孫乾によって劉備の耳に伝えられ、また孔明の推薦もあって
ホウ統は、その竿県令にとどまるものでなく王佐の竿であるとして劉備の軍師となった。
「臥龍」と「鳳雛」いずれかをさすれば天下を取れると言われた二人が共に劉備についたのであった。

孔明「ホウ統殿こういう道具はごにょごにょ・・・」
ホウ統「なんの孔明殿こういう体位がごにょごにょ・・・」
張飛「俺を実験台にしないでくれぇぇっ!アッー!」

終わり