×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

830 :無名武将@お腹せっぷく :2006/11/16(木) 16:06:18
盧植さまがみてる

そこそこの大きさの屋敷の庭に、オッスオッスと声が響きわたる。
まわした帯は乱さないように、着物の裾は翻らせないように。
男らしく堂々と歩くのがここでのたしなみ。
ここは盧植さまが開く私塾。
桃の木が生い茂る庭先には盧植さまの像があり、前を通るときはみんな一度止まって挨拶していく。
「待たれい」
声をかけられたら瞬時に振り返ること。決して顔だけで振り返ってはいけない。
優雅に、そして格好良く。
少しでも上級生の兄貴に近づけるように、笑顔で。
「はい」
振り返るとそこには、信じられない人物が立っていた。
「帯が曲がっておるぞ。格好はいつも正しくせい。盧植さまが見ておられるのでな」
憧れの人物が目の前にいる…。
その光景が信じられなくて、呼び止められた若者、劉備はただ呆然としていた。
「おぬし…その口は閉じられんのか」
「も、申しわけありませぬ」
「仕方のない奴だな」
憧れの人物が、両手を腰元に伸ばして帯の曲がりを正す。
「明日からは気をつけるんだぞ、いいな?」
声も出せずに劉備はただコクコクと頷く。
「よし、ではさらば!」
そういうと優雅に体を翻らせてその人物は歩き去っていった。
――ほ、本物だ…
「本物の、公孫?殿だ…」


831 :無名武将@お腹せっぷく :2006/11/16(木) 16:07:52
その後の話はめんどくさいので中略

「すまぬ。今の俺が笑っていられるのは玄徳のおかげだ」
「そ、そんな、私などなにも…」
「いや、やってくれたよ、色々とな…だから、玄徳の尻にこれを突き刺してもいいか?」
ここで軽く説明しよう。
盧植が開く私塾には、「兄弟」というシステムがある。
先輩から尻に剣を刺してもらうとその人間は先輩の弟となり、先輩の兄貴にいろいろと指導していただくことになるのだ!
(公孫?殿と自分など…)
しかし手にぐっと力を入れて、決心する。
(弱気になるな…未熟な部分はこれから努力すればいいんだ)
「お受けします」
これ以上ない爽やかな笑みで、劉備は答えた。
「ありがとう…ふんっ!」
そういうと公孫?は一気に劉備の尻へと剣をぶちこむ。
「ぎいぃぃぃ!!尻が裂けるぅ!?」
余りの激痛に劉備は苦悶の声を洩らす。
「耐えろ、耐えるのだ玄徳…!」
言いながらも公孫?はどんどん奥へと突き刺していく。


832 :無名武将@お腹せっぷく :2006/11/16(木) 16:08:35
「うそおぉぉぉっ!!!まだ挿れるのおぉおおおお!?」
ずぶずぶと劉備の中に進入していく公孫?の剣。
だが、一般的な大きさより公孫?の剣は短かったため、奥への侵入もついに終わった。
「ふう、玄徳よ。よく耐えたな」
「や…やった…ようやく終わりですか」
「何を言っておる!?これからが本番だぞ!ふんっ、ふんふんっ!!」
「ぎゃああぁぁぁ!伯珪殿!勘弁してくださいぃいぃ!!」
「何を言うか!皆、これを耐えて一人前の兄貴となっていくのだ!お前も耐えろ!」
そういうと、公孫?は動きに強弱をつけ、角度を変えたりと工夫を凝らしてきた。
「ひ…ひいぃぃっ!」
「よ、よし…玄徳、そろそろいくぞ…アッー!」
劉備の中に公孫?のものが放たれた。
「あひいっ…熱いのが入ってくるぅ…」
だが、今になってみると不思議と苦痛は消え去っていた。
かすかな伯珪殿の重み。
伯珪殿とのこれからの重み。
それを十分に味わいながら劉備は達した。
夢のような日々は、まだまだ続きそうです。