×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

424 名前:無名武将@お腹せっぷく [] 投稿日:2006/08/07(月) 14:48:22
ジュンイク追悼企画、曹操とジュンイク

曹操が魏公に昇ろうと考えた時、一番悲しんだのはジュンイクだった…
曹操より年下の彼はどんな時も冷静に曹操の傍におり、曹操を見てきたのであった…

苦しい時も…
敵兵「フン!フンフンッ!」
曹操「ぎゃ、ぎゃぁぁぁぁッ!?し、尻が裂けるぅ!?」
ジュンイク「それくらいでは裂けません、ご安心ください。」

悲しい時も…
夏侯惇「褒美は殿の尻で…フンッ!」
曹操「い、いやぁぁぁぁッ!金と爵位あげるから許してぇ!」
ジュンイク「駄目です、丞相。財政がひっ迫してますから、尻で済ませましょう。」

辛い時も…
兵「…兵糧が少ないってどういうことだよ!これでも喰らえ!フンッ!」
曹操「ギャァァァァァッ!?兵が主君に竿を向けるとはどういうことだッ!?」
ジュンイク「これくらいで不満が解消されるなら安いものではないですか。」

楽しい時も…
曹操「やった!遂に掘る側だ!フンッ!フンフンッ!」
ジュンイク「丞相、その竿とその腰使いでは相手を掘り取る事はできません。
      もっと精進してください。」

このようにいつも傍で見ていた者にとって、曹操の愚行は哀しきものであったろう…